FC2ブログ
個別指導講師の学習教材レビュー TOP  >  スポンサー広告 >  高校物理  >  リードα 物理基礎 >  リードα 物理基礎 新課程 難易度&使い方 画像あり
お知らせ
<2016年 3月12日 更新>
かなり久しぶりの更新です。 2015年度の指導も終わったのでここで2016年度の生徒の募集をしたいと思います。 募集の対象は全国の中学生、高校生です。 募集要項や私の指導例などの詳細はこちらのページへどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リードα 物理基礎 新課程 難易度&使い方 画像あり






学校で配布された(購入した)人も多いのではないでしょうか。
学校によっては、物理基礎と物理を合わせた「リードα物理基礎・物理
」を使っているかもしれません。

わかりやすい構成で解説もしっかりしているので扱いやすいです。
基本的な問題がほとんどなので、学校のテスト対策として使うのが一般的です。


お好きなところからどうぞ。

説明でところどころ出てくる入試レベルについてはこちらを参照。


1 目次
2 例題
3 基本問題
4 応用問題
5 略解
6 別冊解答
7 使い方






1 目次

リードα 物理基礎 目次23Mar 23 2015


目次はいたってシンプルですね。
左側にある本書の特色で構成や使い方が説明されています。

上位科目の「物理」の内容を含むものには♦印がついています。
また、発展的な内容には「発展」と明記されています。






2 基本例題

リードα 物理基礎 問題117Mar 23 2015
リードα 物理基礎 問題218Mar 23 2015
リードα 物理基礎 問題319Mar 23 2015



各項目の先頭には基本事項が載っています。
公式などはここで確認できます。

基礎CHECKは各項目のポイントの最小単位だけを取り出したような問題です。
段階を踏んで演習するのにありがたいです。

この問題集に載っている問題のタイプは、基礎CEHCK、基本例題、基本問題、応用問題、の4つでこの順に難しくなっているので目標に合わせて使い分けやすいので便利です。

ただし、応用問題は上位科目の「物理」の内容を含んでいるので、ターゲットを初心者にするなら思い切って応用問題をカットして、基本例題や基本問題を増やした方がより使いやすい教材になると思います。

基礎CHECKと基本例題は教科書レベルの難易度です。
大学入試レベル0ではこのレベルの問題も小問集合でよく出題されています。







3 基本問題

リードα 物理基礎 問題420Mar 23 2015



各章のまとめの問題です。
対応した基本例題の番号が載っているのでわからなくなったら戻って確認してみましょう。

入試レベル0くらいの難易度です。
センター試験の易しいレベルの問題でこのレベルの問題が出題されています。







4 応用問題

リードα 物理基礎 問題521Mar 23 2015



各章のさいごにあります。

初心者にはかなり難しい問題ばかりです。
難易度は入試レベル0〜1くらいです。たまにレベル2もあります。







5 略解

リードα 物理基礎 略解22Mar 23 2015



これはとくに説明の必要はないかもしれませんね。

ここでひとつ勉強をするときのポイントを教えちゃいます。

答え合わせをするときにいきなり別冊解説を見るのではなく、まずは略解を見るようにしましょう。
合っていればそのまま進むなり、考え方が合っているか別冊解答で確認します。
間違っていれば別冊解答は見ずに、まずは自分で考え直してみましょう。

これをすることでその問題を解く上でのポイントを強く意識するようになっていきます。
同時に自分で考えるクセがついていきます。

この勉強方法は他の問題集でも同じことが言えます。
時間に余裕がある方はこの方法でじっくり取り組むといいと思いますよ。







6 別冊解答

リードα 物理基礎 別冊解答16Mar 23 2015



最初に問題を解く上でのポイントが書かれているので、解説自体にスムーズに入りやすいです。

物理は他のどの教科よりも最初の方針を立てるのが重要な教科です。
方針を間違えると迷走します(笑)。

物理の勉強方法は真っ二つに分かれます。
某予備校カリスマ?講師が教えているような解法パターンを身に付ける方法と、もう少し深いところから論理的に構築していく方法です。分野によっては微積の考え方も重要です。

これは個人的な考え方ですが、最初から深く学ぼうとすると時間がかかってしょうがないので、最初は浅く広く勉強していくといいと思います。しばらくたって復習するときにもう少し掘り下げて見るといいと思います。

これを言うと皆さんに納得してもらえるのですが、「1年前に難しいと感じていた内容も今ならそこまで難しく感じないでしょ」「だからまずは基本だけさっと勉強するといいよ」と。継続は力なりですね。







7 使い方

非常にシンプルですが、「基礎CHECK」「基本例題」「基本問題」「応用問題」の順に進めていくといいと思います。あとは、このブログではお馴染みですが、解いた結果に応じて◯、△、✕印をつけて、理解度を管理する方法はやったほうがいいでしょう。

上位科目「物理」の扱いに関しては、賢明な先生であれば指示してくれると思います。

この問題集の問題は「基礎CHECK」「基本例題」「基本問題」「応用問題」と「物理」、そして「発展」で分類することができます。それらをどこで区切り、どこまでを扱うかが使う上でのポイントですが、それは学校によって異なるのでここでは書きません。













[ 2015年03月25日 18:00 ] カテゴリ:リードα 物理基礎 | TB(-) | CM(-)
英文多読はKindleで♬
スポンサードリンク
Googleでサイト内を検索
シェアする
カテゴリ
人気ページランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。