FC2ブログ
個別指導講師の学習教材レビュー TOP  >  スポンサー広告 >  中学教材  >  数学 >  完全攻略 中2 数学
お知らせ
<2016年 3月12日 更新>
かなり久しぶりの更新です。 2015年度の指導も終わったのでここで2016年度の生徒の募集をしたいと思います。 募集の対象は全国の中学生、高校生です。 募集要項や私の指導例などの詳細はこちらのページへどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

完全攻略 中2 数学





以前に紹介したハイクラス徹底問題集 中2数学の下位版です。

問題の難易度が3段階にわかれているので非常に使いやすい問題集です。定期テスト対策用の問題や章末問題など、使う側が欲しいと思うコンテンツがひと通りあるので、学校の定期テストや入試の基礎作りに重宝します。B5サイズ、カラーで見やすいので扱いやすいです。

1 特長と使い方
2 目次
3 要点整理のページ
4 問題ページ
5 解答
6 使い方








1 特長と使い方

特長と使い方



本書の最大の特長は問題の難易度が3段階に分かれていることです。目標に合わせてどこまでやるかを設定しやすいです。自学をするときにはこういう扱いやすい問題集を選ぶといいですよ。また、問題ページの前にはその項目の要点が整理されているのでわからないことがあればまずそこを見直すといいでしょう。

本書は教科書に合わせて全6章で15項目あり、定期テスト対策は全部で11回あります。目次のところを見ればわかりますが、ほとんどの項目でテスト対策用の問題があるので、これも使う側にとってはありがたい構成です。

付録がありますが、個人的にはなくてもいいかなと思います。というよりない方がいいかなと思います。その分薄く安くしてくれるとありがたいですね。







2 目次

目次



前述のとおり定期テスト対策問題が要所にあるので便利です。ただ、私は学校のテストは「どこでも共通して出題される問題」と「その先生特有の問題」が出題されるので、この問題集も例にもれず、この問題集だけで90点以上は難しいかもしれません。

共通して出題される問題は、教科書に載ってたりする基本的で重要な項目、いわゆる基本問題や標準問題です。先生特有の問題は、先生が授業中に説明したことや配られたプリントなどにある問題で、教科書や問題集などには載っていないものです。

先生特有の問題は授業をしっかり聞いていないと答えられない問題なので、高得点を狙う場合はしっかり授業を聞いておく方がいいでしょう。もしくは、テスト前に友達から情報収集するのもいいかもしれません。







3 要点整理のページ

要点整理
要点整理_0001



問題に入る前にその項目の要点が整理されています。

途中式や考え方などがカラーや図で解説されているので非常にわかりやすいです。カラーの場合、やりすぎてしまいゴチャゴチャして見にくいテキストもありますが、この問題集はキレイに整理されていて見やすいです。







4 問題ページ

基本問題
標準問題
実践問題
実践問題_0001



各項目の問題は「基本問題」「標準問題」「実戦問題」の3段階で分かれています。この構成なら目標に合わせて使い分けやすいので便利ですよね。ざっくりとですが、定期テスト目標が〜40点なら基本問題、〜70点なら標準問題、〜90点なら実戦問題、のように考えておくといいと思います。もちろん、実際にはご自身の環境に合わせて使ってくださいね。







5 解答

解答
解答_0001



解答は切り離しができる別冊解答です。解説はまぁ普通です。特筆すべきところはないですが、一般的な問題集の解答で誰でも使いやすい感じです。







6 使い方

学校対策
本書は内容的には学校で使う問題集と同じような感じなので、もっと練習したい人が使うと良いと思います。学校の問題集は書き込んで提出する場合もあるので、そういう方も自学用の問題集として使うといいとお思います。進度が速い私立には向きません。

入試対策
本書をしっかり勉強すれば高校入試の公立共通問題なら70〜80点は取れるようになると思います。都道府県によって入試問題の難易度や出題に若干の差異があるので、明確には言えませんがだいたいそんな感じだと思います。よりハイレベルな入試の対策であれば本書の上位版である「ハイクラス徹底問題集 中2数学」や「塾で教える高校入試 数学 塾技100」がいいと思います。「ハイレベル〜」の方が難しい内容まで含まれています。「塾で〜」は本書と「ハイレベル〜」の間です。また「2015年受験用 全国高校入試問題正解 数学」も非常に便利で、特に分野別のものは指導する立場としては重宝してます(一冊1000円以上するので個人で全てそろえるのははなかなか厳しいかもしれませんが)。




関連記事










[ 2015年04月12日 18:00 ] カテゴリ:数学 | TB(-) | CM(-)
英文多読はKindleで♬
スポンサードリンク
Googleでサイト内を検索
シェアする
カテゴリ
人気ページランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。