FC2ブログ
個別指導講師の学習教材レビュー TOP  >  スポンサー広告 >  中学受験  >  中学受験(算数) >  チューリッヒ先生の計算問題 中学入試対策ゼミ
お知らせ
<2016年 3月12日 更新>
かなり久しぶりの更新です。 2015年度の指導も終わったのでここで2016年度の生徒の募集をしたいと思います。 募集の対象は全国の中学生、高校生です。 募集要項や私の指導例などの詳細はこちらのページへどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チューリッヒ先生の計算問題 中学入試対策ゼミ





私立中学中堅校や効率中高一貫校向けの教材で、入試によく出るタイプの計算問題と1行問題が練習できます。この教材を使うには小学内容の計算学習をひと通り終えている必要があります。また、1行問題では割合や速さの問題もあるのでそれらについてもひと通りやってから使うことをおすすめします。

1つのテーマごとに見開き2ページで完結してるので非常に扱いやすいです。また、ネットで本書に対応したビデオ講義も見ることができるようになっています。

1 目次
2 問題ページと構成
3 解答
4 使い方







1 目次

目次1
目次2



53のテーマに分かれています。前半は計算、後半は1行問題になっています。途中で規則性や概算などを挟んで再び計算にもどっていますが、おそらく答えを予想するということでこの流れになっているんだと思います。実際に使うときはあまり気にせず30くらいまで一気にやってもいいと思います。







2 問題ページと構成

1要点
1計算のきまり



各テーマは見開き左側に要点や考え方が整理されていて、左側が問題になっています。各テーマで問題は10問、さいごにチャレンジ入試問題が1問の形です。左側で要点が解説されているので一度学習したことがある内容であれば、この部分を読みながら自学もできると思います。







3 解答

解答1〜3



途中式は必要最低限のところしか書かれていない部分もあり、理解するのにある程度の計算力が必要です。ただ、少し省略されている部分を自分で考え補うことで計算力が高まるという効果もあるので、一概に悪いとは言えません。1行問題などの難しい問題はしっかり解説があるので全体としては扱いやすいと思います。








4 使い方

非受験生
基本的に非受験生は使わなくてもいいですが、小学校の勉強だけでは物足りないお子さんは使ってみるといいかもしれません。その場合でも小学内容の計算をひと通り終えてから使うことをおすすめします。

受験生
私立中堅対策として、まずこの教材をささっと1周してみましょう。そのあとで、過去問を解いた結果や模試の結果などを分析し、不足している部分を他の教材で強化すると良いと思います。例えば図形ならこれ(中学入試 でる順過去問 図形 合格への304問 改訂版 (中学入試でる順))がおすすめです。公立中高一貫は単純な計算問題や一行問題ではないことが多いのでこの教材だけでは対応できません。基礎力をつけたら「2015年度受検用 公立中高一貫校適性検査問題集 全国版」などの専用の教材に進みましょう。この教材は解説がほぼないので十分に基礎力をつけてから挑んでくださいね。









[ 2015年04月13日 18:00 ] カテゴリ:中学受験(算数) | TB(-) | CM(-)
英文多読はKindleで♬
スポンサードリンク
Googleでサイト内を検索
シェアする
カテゴリ
人気ページランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。