FC2ブログ
個別指導講師の学習教材レビュー TOP  >  スポンサー広告 >  その他  >  勉強方法(日常学習) >  ノートの使い方 数学編
お知らせ
<2016年 3月12日 更新>
かなり久しぶりの更新です。 2015年度の指導も終わったのでここで2016年度の生徒の募集をしたいと思います。 募集の対象は全国の中学生、高校生です。 募集要項や私の指導例などの詳細はこちらのページへどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ノートの使い方 数学編

ノートとペンを持つ手


今回はノートの使い方についてです。といっても最近何かと話題の「実験ノート」ではありません。思うようにテストの点数が取れない、成績が上がらない、学校の進度についていけない、そういう人のノートにはいくつかの特徴があります。それらの原因をふまえた上で今すぐ誰でも簡単にできるより良いノートの使い方について数学を例に書きたいと思います。

成果が出ない人のノートの特徴

■そもそもノートをとらない
■途中式を書かない
■グラフや表などの図を書かない
■文章による解説やポイントを書かない
■日付、単元名、テキスト名、ページ、問題番号を書かない
■学校や塾での学習内容を全て書く
■演習と解説を同じノートに書く
■字を丁寧に書く

こんな感じです。それではひとつひとつ、それの何がいけないのかを見ていきましょう。


そもそもノートを書かない

例外はありますが基本的になにかしらはノートに書いた方が良いでしょう。ノートは知識の整理や自分自信の思考の癖やそれらの改善策をまとめるために書くものです。くわしくは後述しますがノートの使い方次第で学習効果に大きく差がでてきます。



途中式を書かない

後で見てパッとわかるレベルでの途中式を書きましょう。これはノートの書き方だけではなく問題演習のときにも言えることですが、考えて10秒以上手が止まるほどの暗算ならば途中式を書いた方が早い場合が多いです。ケアレスミスを減らすためにもそういうときには書きましょう。



グラフや表などの図を書かない

フリーハンドで必要な部分のみ書きましょう。図を書き視覚的に捉えることで理解しやすくなることも多いので図を書くのは非常に大切ですが、必要以上に細かく、また丁寧に書くのは時間の無駄なのでやめましょう。



文章による解説やポイントを書かない

式や図だけではなく式変形、図の書き方や見方などの解説・ポイントを文章で記入すると後で見たとき再理解しやすいです。書くのはテキストに書いて無いような情報を書き込むと良いです。



日付、単元名、テキスト名、ページ、問題番号を書かない

ノートは自分のできなかったところ、癖などをまとめて後で自学するときの参考書として使うためにあります。そのアーカイブ的な性質上これらをしっかりと記入するのは当然です。これらを書かないと後で調べるときにノートのどこに何を書いたかを探す手間が増えるので時間を浪費します。またそれをするのをめんどくさがる人は結構多く、それがネックとなり思うような成果が出ない人も多いです。



学校や塾での学習内容を全て書く

時間の無駄なのでやめましょう。すでに述べた通りノートは必要なことのみ書きましょう。学校の先生や塾の講師が黒板に書いた事を全て書き写すのはなかなか骨の折れる作業です。さらに言えばそれらが自分のためになるとは限らず、書いて満足するだけで終わる人も多いです。それならば必要な事だけ記入するようにしましょう。



演習と解説を同じノートに書く

後々めんどくさいのでやめましょう。ノートに問題演習をすると後で解説を見直したいときに邪魔になります。なのでまとめるためのノートと演習用のノートは分離しましょう。もっと言えば演習はノートにやらなくても良いです。チラシやいらなくなったプリントの裏にやりましょう。演習した問題を見返す事は99.9%ないので解いて丸付け・直しをしたらすぐに捨ててOKです。



字を丁寧に書く

時間の無駄なのでやめましょう。他人に見せるために書くわけではないので後で自分で見たときにすぐにわかるレベルで書けばOKです。




ここで私が実際に生徒に作らせているノートに一例の画像を上げておきます。


20140405184013495.jpg





まとめ

■まとめ用のノートと演習用のノートを別々にする
■演習はノートじゃなくてチラシやプリントの裏でもOK
■まとめ用のノートには理解しづらい問題や解けなかった問題の解説・ポイントを必要な部分だけ書く
■まとめ用のノートには日付、テキスト名、単元名、ページ、問題番号を書く
■字は最低限読めればOK



成果の出ない人の多くはノートを書くだけで満足しあとで見直すことなんてほとんどしません。社会系の科目はテスト前になってテスト範囲をまとめて満足してしまう人も多いでしょう。なのでノートは必要なことだけメモる程度にし、そこで浮いた時間を他の事に使った方が学習効果は高いです。テキストに書き込んでいくのも一つの手ですが、ほとんどのテキストは書くスペースが狭いのでノートの方が良いでしょう。

私がノートに書かせることは①その単元のポイント、②解けなかった問題の中でも優先度の高い問題の解説・ポイント、です。①は印象に残すために書かせるという意味合いが強いです。②はそのままですが、解ける問題の解説・ポイントを書く意味はあまりないので優先度の高いことからやっていきます。また継続して学習していくうちに理解が深まること(特に計算)はよくあるので、生徒本人の自己解決能力にまかせるようにしています。このへんのやり方は優先度だけでなく生徒のポテンシャルや短期目標、中長期目標によってもかわってきます。



それではみなさん今日も楽しく効果的かつ効率良く学習していきましょう。

関連記事










[ 2014年04月05日 19:30 ] カテゴリ:勉強方法(日常学習) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

英文多読はKindleで♬
スポンサードリンク
Googleでサイト内を検索
シェアする
カテゴリ
人気ページランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。