FC2ブログ
個別指導講師の学習教材レビュー TOP  >  スポンサー広告 >  その他  >  勉強方法(大学受験) >  大学受験の勉強方法 「第1回 勉強するときのルールを決めよう」
お知らせ
<2016年 3月12日 更新>
かなり久しぶりの更新です。 2015年度の指導も終わったのでここで2016年度の生徒の募集をしたいと思います。 募集の対象は全国の中学生、高校生です。 募集要項や私の指導例などの詳細はこちらのページへどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大学受験の勉強方法 「第1回 勉強するときのルールを決めよう」

女子高生_かばん持つ

今回から「大学受験の勉強方法」について数学を例に数回にわたって記事を挙げていきます。7回に分けて書く予定ですが若干の変更があるかもしれません。

私の経験から良いとわかっていることだけ書きます。
なるべく受験生の時系列に沿って効率的かつ効果的に勉強を進めるためにやるべきことを書いていきます。また、塾・予備校に通っている人や独学で勉強している人、どちらにも通用する方法を抽出しています。またその方法が良い理由については厳密に説明すると長くなるのであまり書かない事にします。
書いてある事はどれも基本的なことですがそれを当たり前のように実行するのが難しいのかもしれません。

第1回は「勉強をするときのルールを決めよう」です。勉強するにあたって「これをおさえておくと良いよ」ということについて書きます。

今回何を書くかを先にまとめておきます。

■成果が出ない人
■自分のレベルのチェック方法
■問題集の使い方
■復習の仕方
■ノートの使い方


この記事はこのような方におすすめです。

■勉強方法が定まってない
■これから受験勉強を開始しようと思っている
■勉強方法が定まっていてもっと成果を出したい
■受験勉強を開始していてもっと成果を出したい
■学校の成績を上げたい
■テキストのより良い使い方を知りたい
■ノートのより良い使い方を知りたい
■以上の方の指導者や保護者

今回の内容は勉強の基本となることを書いているので、大学受験生に限らず小学生、中学生、高校生などおよそ学業と呼べるものに関わる人に幅広く利用していただけると思います。

成績が上がらない人に共通することの一つとして、「勉強方法が定まらない」ことが挙げられます。ダイエットでも同じですが効果が出始める前に止める人が多いです。失敗する原因はほとんどこれです。その後で違う方法を試しすぐにあきらめる。この繰り返しです。

続ければ成果が出る事も多いですが、続けるのが難しいからこそ途中で止めてしまうのです。ポイントになるのは「続けられる」かどうかです。ダイエットの場合、適当な食事と運動を続ければほとんどの場合うまくいきます。食欲は本能的な欲求なのでそれをコントロールするのは難しいですが、勉強の場合はあまり本能とは関係ないのでコントロールは比較的簡単です。


持続可能かつ効果的なルールを決めてそれを行動規範にしていくのが受験を成功させるコツです。





<成果が出ない人>

勉強がうまくいかない、成果が出ない人の特徴は以前にこちらの記事『成果が出やすい人 成果が出にくい人』で性格面について少し書きました。


その性格のために勉強が思うようにいかない人は多いです。プライドが高く自己評価と結果にギャップがある人は現実を客観的にみて行動することができません。


例えば早稲田の創造理工(建築以外)を志望校としていて3年生7月のマーク模試でⅠA40点・ⅡB20点だったとしましょう。その直後にやるべきことで優先度が高いのはⅠAやⅡBの復習のはずです。ところがこの性格の人はどんどん先の単元に進みたがります。「自分はもっとできるから大丈夫。ケアレスが多かった。それくらい自分で復習する」このようなことを言います。この言動はある種の現実逃避ですが同時に焦りを感じている証拠でもあります。


個別指導の場合、ここで無理に復習に入ると受験生側は指導者に対して不信感を抱きます。先に進むと、基本が抜けているために伸び悩みます。より深刻な場合は数学を自分勝手に体系化し手のつけられない状態になります。


どちらにしても良い事はありません。指導者の判断が間違っていて思いのほかその先の勉強がうまくいき、ⅠAⅡBについても上がっていく場合も考えられますがそれは指導者が未熟だからです。


模試の点数を行動の基準にしていたのがミスポイントです。「ケアレスが多かった」など言い訳をする余地を与えてしまうからです。このタイプの生徒が言うケアレスには「計算ミス」「問題の読み落とし」「解法の理解不足」など様々なものを含みます。普段からこれを良しとしてしまうと取り返しのつかないことになります。


この例は極端なものではなく、私の周りで実際に起きたことです。なにが良くなかったかというと「受験生の性格」「あいまいな行動規範」「指導者の教務力の低さ」です。これらの中で改善しやすいのは行動規範です。塾・予備校に通うにしろ独学で勉強するにしろここが最も基本的で個人単位で改善しやすいところです。「できた」か「できてないのか」の意味に幅を持たせず可能な限り感情を入れずに判断できるやり方をしていけばいいのです。






まとめ

■成果が出ない人の多くはその性格に根本的な原因がある
■その性格を変えるのは難しい
■改善策は行動に移りやすい規範を作り実行すること


実を言うと、性格は行動することによって変わります。なので規範に沿って行動することで性格は改善されるはずです。それが難しいと言っているのにはちゃんと理由があります。その規範に従って習慣的に行動している間は一時的に性格は変わりますが、その習慣を止めると元に戻ってしまう事が多いのです。ダイエットをしてリバウンドをするのもその一つです。



受験生が具体的にどういう規範に作り従えば良いかを見ていきましょう。大きく分けると「自分のレベルのチェック方法」「問題集の使い方」「復習の仕方」「ノートの使い方」です。












<自分のレベルのチェック方法>

自分で自分のレベルをチェックするときはなるべく反射的にできるようにした方が便利です。なので問題を見たときにどう思ったかによって、次の5段階くらいに分けるのがいいです。


レベル1:なにこれ初めてみる
レベル2:なんかやったことある
レベル3:この知識を使うっぽい
レベル4:この手順で解けるな
レベル5:余裕


どんな人でもこんなふうに思った事はあるでしょう。そう「思うこと」自体は自然と頭の中に浮かんでくるのでなかなか避けられません。例えば「あなたの好きな人を想像しないでください」と言われても想像してしまうのを避けられないのに似ています。人間の直感や本能を利用するのです。


模試の点数などの数字で判断しようとすると「言い訳」が入る余地があり勉強の妨げになることがあるので、こういった直感的な判断が便利です。第2回や第7回でもこの指標が登場する予定です。












<問題集の使い方>

使い方は問題集によって異なります。基本的にはその問題集の最初の方のページに書いてある使い方を参考にするといいと思います。テキストの選び方については第2回で書く予定です。



新課程 4STEP数学1+Aは問題に*マークがついています。このマークがついている問題をやれば色々なパターンの問題をひと通り演習できるように構成されています。リンク名が若干おかしいですがもともとこれだったのでそのままにしてあります。


問題演習をするときに最も大事なのは「できた問題」と「できなかった問題」をはっきり区別すること、それを後で見てすぐにわかるようにしておくことです。






「できた問題」と「できなかった問題」をはっきりさせる

問題演習をしたら定義に従った印を小問ごとにつけていきましょう。

無印:解法・考え方合ってた。答えも合ってた。
△:解法・考え方合ってた。答えは間違ってた。(間違ってた原因が計算ミスなどのケアレスのとき)
▲:解法・考え方合ってた。答えは間違ってた。(ケアレスでも計算問題や計算の仕方が重要である問題のとき)
×:解法・考え方間違ってた。答えも間違ってた。(答えが偶然合ってたとしてもこれにします)
○:上記の印がついている問題をあとで解き直したときに解法・考え方及び答えが合ってた。

この他にも必要に応じて自分なりに印をつけてもいいですが、多すぎると見づらくなるのでこれをベースにしましょう。○については初回に解いて合っていたときに印をつけるよりもこの方がいいでしょう。


解き直しをして追加で印をつけるときのルールも決めておくと良いでしょう。私は小問、例えば(1)の左側に近いほうから順につけていくようにと指導しています。また一度つけた印は原則として消さないようにしましょう。何回も解き直しをして印を書ききれなくなった場合は代わりに違う色のペンで上書きすると区別がしやすいでしょう。


これらは1つの例なので独自の分類を使ってもかまいません。ただしこの印を目安にして復習していく事になるので、その基準は明確かつ判断しやすいものにしておくと良いでしょう。


問題集の解答と異なる方法で解いた場合、解法・考え方が合ってたかどうかの判断は難しいですが、迷ったら指導者の方に聞いてみましょう。独学なので聞ける人がいない場合は解答に合わせて身につけるか、とりあえず答えが一致していればOKとしましょう。後述のように復習②で解き直すことになるのでこの時点ではそれで十分です。不安であれば同じ解き方で同じ大問内の他の類題も解けるか試すと良いです。












<復習の仕方>

復習の仕方はかなり重要です。受験勉強のほとんどは復習なので、受験がうまくいくかどうかは80%以上復習にかかっています。復習の仕方についてもルールを決めてそれに従っていくほうがより良い結果が出ます。


先にポイントをまとめておくとこうなります。

■勉強するときの心構え
■受験勉強をスタートしたときから1周目
■復習は2段階
■復習は×や▲だけ
■1週間単位で勉強する
■「塊」を意識して勉強する






勉強をするときの心構え

うまく成果が出ない人の特徴の一つとして「できないことを認めたくない」というものがあります。「できないことを知られたくない」ならまだ良い方です。こういう人は問題演習をして間違えることを極端に嫌います。


成果を出すにはそのハードルを取り除く必要があります。そのための心構えとして、受験勉強の初期段階の演習では正答するのが目的ではなく「×や▲を見つけ出すことが目的」であることをおさえておくと良いです。これは指導者、受験生のどちらにも言えることです。


ひと通り基本の勉強を終えて2周目3周目に入ったときには、その心構えを「正答することが目的」に変更すると良いでしょう。後半になって伸び悩む人は初期からこの心構えのままずっと勉強をしている人が多いです。正答することを意識するあまり、考え方や各項目のつながりを無視した勉強をしているからです。






受験勉強を始めたときから1周目としよう

受験生の多くは学校で問題集を使ったことがあると思います。その中でまだ受験勉強を初めていない人は「今日から受験勉強スタート」と思ってこの勉強方法を使い始めたそのときからを問題集の1周目としましょう。学校でやってきた勉強はなかったことにしましょう。


通っているのが進学校でもリスクを最小限にできるのでこの方がいいですが、すでに受験勉強をスタートしていて成果が出ている人はその続きから進めましょう。下に書いてある復習の②を行えばいいので、それでかまいません。


すぐ下に書いてある復習②のような復習をしているときを2周目、3周目とします。






復習は2段階

主に次の2段階をベースに復習していきます。

①前回の勉強で×、▲だったところを解き直すような復習
②ひと通りその章を勉強をし終えたあとにまとめてその章を一気に解き直すような復習。この場合×や▲でけでなくひと通りの問題を演習します。

これを各章ごとに繰り返していくのが良いでしょう。模試の結果が返却された時にも必要に応じて①や②をやるようにします。


模試の使い方の詳細は第3回で書く予定です。






1週間単位で勉強しよう

■その日の勉強は必ず復習から始める
前回の勉強で×や▲だった問題を解き直してから次の項目の勉強に移るようにしましょう。これは復習の①に該当します。原則として×や▲の問題を全て解き直しますが、多い場合は「×だけ」や「30分」のように時間で区切っても良いでしょう。


■日曜日は月曜日〜土曜日に勉強したことをまとめて復習する日にする
ほとんどの人は一週間周期で行動しているので、それに合わせて区切ることで効率よく勉強ができるようになります。なんらかの理由で日曜が勉強時間にあてられない場合、その週の土曜日などに代替日を用意しておきましょう。これはあくまでも例なので1週間を一区切りとしそのうち6日は通常通りすすめ、最後の1日はその6日間の復習とすることが本質です。


このスケジュールの詳細については第3回で書く予定です。



キリのいいところまでを一気に勉強しよう

「問題演習→丸付け→間違えたポイントをチェック→整理」を1回の勉強としましょう。できればキリのいいところまでを1回の勉強で一気にやってしまった方が良いです。例えば2次関数の「平方完成」だけをやるよりも「平方完成をしてから頂点を求めグラフを描く」までを一気にやった方が一連の流れを「塊」として意識し印象に残るので効果的です。もちろんどこまでがキリの良いところかはその人の理解能力やキャパシティによって異なります。


復習をするときにもこの「塊」の考え方は重要です。二周目三周目と徐々にこの「塊」を大きくしていくように復習していくと効果的です。というよりも自然とそうなっていくはずです。一周目は「平方完成」と「平方完成〜グラフを描く」を別々の回に分けて勉強したとしましょう。二周目ではそれを同じ回にこなすことが可能なはずです。そうでなければ復習の仕方やそれ以前に問題があります。












<ノートの使い方>

そもそもノートは何のために使うのか。それは知識の整理をするためです。わからない言葉を辞書で引くのと同じようにわからないことが出てきたときにノートを参照するのが良い勉強法です。その規範に基づけばノートの使い方も定まってきます。





整理用と演習用を使い分ける

演習した問題をあとで見返すことはほぼないです。演習をポイントの整理と同じノートに書くと整理どころかごちゃごちゃするだけなので止めましょう。できれば演習用のノートはチラシの裏やプリントの裏などで代用した方が良いです。解いて丸付け・ミスポイントの確認→整理用ノートに整理、が済んだら捨ててOKです。






なにを整理するか

「書くこと」が目的ではなく「問題を解けるようにすること」がノートに整理する目的です。「×や▲」の数を減らし「○」を増やしていくことを意識しましょう。その前提に立てば整理する内容も限られてきます。



■日付、テキスト名、ページ、問題番号
これらを書いておくとあとで参照するときに便利です。学力が低い人ほど書かない傾向にありますが、学力が極端に高い人も書かない人が多いです。どちらも理由はめんどくさいからということがほとんどですが、学力が低い人はあとで必要となるので書いた方がいいです。極端に学力が高い人は整理用ノートすらいらない場合もあります。


■初めて習う内容
実際に初めて習うかどうかは問題ではなく、「これ初めてだな」「やったことあるけどもう忘れてるな」と思った内容は「塊」で整理するようにしましょう。逆に「これは完璧」と思う内容はとりあえず整理しなくても良いです。


■問題演習で×や▲だった問題
演習で×や▲だった問題は解法を理解していなかったり、ポイントを押さえられていないので整理したほうが良いです。


■重要な問題
演習で○や△だったとしても入試に良く出る問題やテキストの色々なところで出てくる知識の場合は整理してもいいでしょう。これは必ずしもやる必要はありません。


これ以外のことは基本的に書かなくても良いです。大学受験をする人は『3+5=8』の解説をノートにわざわざ書かないでしょう。すでに身に付いている知識は書く必要はないし、書くだけ時間の無駄です。身に付いているかの判断ができない人、前述のような性格の人のために問題演習したあとに整理するタイミングがあります。



指導者がいる場合は指導者の指示に従いつつ整理し、すでに身に付いている場合は自己申告して整理はカットし演習に移りましょう。


独学の場合はいきなり演習から入るのもありです。整理して満足する人も少なくないでしょう。そうなるよりも演習し×や▲をあぶり出してから整理した方が身に付くスピードが速いです。





ここで勉強のコツをひとつ。
整理したノートは寝る前に見返すと良いです。印象に残り定着しやすくなります。もちろん後々わからなくなったときに見返すことも忘れずに。











<最後に>


今回は「勉強するときのルールを決めよう」でした。すでに自分なりの良いルールを身につけている方はそれを続けていくと良いと思います。そうでない方はとりあえずこのルールを3ヶ月くらい続けてみると良いでしょう。いきなり全てを実行するのが難しいのであれば「問題集の使い方」だけでもいいし「ノートの使い方」でけでもいいと思います。


今回書いたことは大学受験の数学のみならずあらゆる勉強について言えることです。成果を出すためにはそれなりのコツがあり、それを実行することが必要です。そしてそのコツは誰にでも簡単にできるものが良いでしょう。この記事で書いたことは文章にすると多い気がするかもしれませんが、やってみるとそんなに面倒ではないはずです。少なくとも受験に失敗しイヤイヤ浪人や就職したり入りたくない大学へ入るよりずっとましです。


みなさんの学習の参考になれば幸いです。






次回は「テキストの選び方」について書きます。
それではみなさん今日も楽しく効果的かつ効率的に学習していきましょう。



関連記事










[ 2014年04月14日 22:00 ] カテゴリ:勉強方法(大学受験) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

英文多読はKindleで♬
スポンサードリンク
Googleでサイト内を検索
シェアする
カテゴリ
人気ページランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。