FC2ブログ
個別指導講師の学習教材レビュー TOP  >  スポンサー広告 >  高校数学(参考書)  >  チャート式 >  新課程 青チャートⅡ+B(チャート式 基礎からの数学Ⅱ+B)
お知らせ
<2016年 3月12日 更新>
かなり久しぶりの更新です。 2015年度の指導も終わったのでここで2016年度の生徒の募集をしたいと思います。 募集の対象は全国の中学生、高校生です。 募集要項や私の指導例などの詳細はこちらのページへどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新課程 青チャートⅡ+B(チャート式 基礎からの数学Ⅱ+B)



チャートは白、黄、青、赤と順に難易度が上がることはよく知られていますが、その他の違いについてはあまり知らない人も多いのではないでしょうか。青チャート
ⅡBの例題は409パターンですがこれは白チャートの319パターン、黄チャートの361パターンよりも多いです。具体的な特長は何か、この青チャートがどのレベルの大学入試に適しているのか、白チャや黄チャとの違いはなにか、などを解説します。

以下のリンクでページ内の該当箇所に飛ぶことができます。記事が長いので、見たいところ、興味があるところからご覧ください。

目次
構成
問題
解答
総評
使い方
テキスト問題難易度ー大学ランク 対応表



本文にはよく「レベル0」などの表現が出てきますが、これは当ブログで設定してある基準です。詳しくは項目「テキスト問題難易度ー大学ランク 対応表」を参照してください。





<目次>

目次は巻頭にある目次と、各章の先頭にある目次があります。ここを見るだけでも構成が見えてきます。白チャ黄チャと比べてみてください。また、白チャ、黄チャ、青チャの違いについてはこちらを参照してください。

青チャ2B 目次 
青チャ2B 目次 _0001


以下は各章の先頭に記載されている目次です。学習したいところがピンポイントで探せるので非常に便利です。また、基礎例題、発展・補充例題、がそれぞれどこに載っているのか、問題のレベル、などが記載されているので、学習の目安になります。ただ、これらはあくまで目安なのであまり気にしすぎない方がいいでしょう。実際の入試でどの問題が出題されるかはわからないので、受験勉強初期や学校対応での学習では、下記の勉強法のようにおおまかな分け方で偏りなく学習していった方がいいです。時間に余裕がない場合は別ですが。

青チャ2B 章目次 
青チャ2B 章目次 _0001
青チャ2B 章目次 _0002
青チャ2B 章目次 _0003
青チャ2B 章目次 _0004
青チャ2B 章目次 _0005
青チャ2B 章目次 _0006
青チャ2B 章目次 _0007
青チャ2B 章目次 _0008
青チャ2B 章目次 _0009
青チャ2B 章目次 _0010





<構成>

青チャは主に「基本例題」「重要例題」「演習例題」「練習」「EXERCISES」「総合演習」から成っています。黄チャと同様、各単元で1つのEXERCISESに基本例題、重要例題、補充例題、の総合演習問題がまとまっています。これが白チャとの大きな違いで、このEXERCISESでは幅広い難易度の問題が掲載されていることになり、扱いが難しくなります。また、EXERCISEの問題は基本例題や重要例題よりも難しい問題が多くてそのギャップは黄チャよりも大きいです。これも白チャや黄チャと大きくことなるところです。

さらに、青チャにはより発展的な内容である演習例題と、入試向けに構成された総合演習があります。これは白チャにも黄チャにもない項目です。この部分がより上位の大学を目指す場合に有効になります。

白チャート、黄チャート、青チャートの構成の違いは白チャート、黄チャート、青チャート、の違いとおすすめの使い方を参照してください。

青チャ2B 構成 
青チャ2B 構成 _0001


本書の活用方法
各節の最初に基本事項がまとめてあり、その節の問題として各種例題があります。基本例題の前の確認に使いましょう。パッと見で大丈夫そうな問題は飛ばしてもいいでしょう。

青チャ2B 活用法 





<問題>

基本例題
基本例題の問題の難易度そのものは黄チャとそこまで差はありません。白チャとの違いを簡単に説明すると、白チャでは発展・補充例題に分類されていた問題が、青チャでは基本例題に分類されている、といった感じです。逆に、青チャで重要例題に分類されている問題は、白チャではEXERCISESに分類されているものもあります。

メリット
  • 主に教科書レベルから入試レベル0(なかにはレベル1や2もちらほらあります)までの問題が載っているので、レベル0〜1の入試の基礎基本作りとして使えます。
  • 基礎例題のタイトルのすぐ横には関連している基礎例題や発展例題の番号が記載されているので、関連問題を探すのに便利です。
  • 例題のすぐ下には、解答の指針があります。その下には例題の解説があり、欄外には言葉や式による補足説明があります。また、解答の下には、例題の考え方を詳しく説明したり、それを一般化した基本事項・公式、発展した内容などが「検討」や「POINT」として示してあります。なにかわからないことがあればまずはこれらに目を通してみましょう。


デメリット
  • 問題の難易度が方位磁石マークでその個数に応じて5段階で表されていますが、これはテキスト内での相対的な難易度なので、大学入試の問題の難易度には対応していません。
  • 白チャに比べると問題パターンの分け方が大きく初習やそれに近い学力の人には扱うのが難しいです。同様の理由から一般的には学校対応には向きません。



練習
各例題にはそれに対応した類題として、「練習」が例題ページの下部に記載されています。難易度は例題とほぼ同じかやや難しいものもあり、中には例題の解答以外の知識や発想力が必要なものもあるので、扱い方に少し注意が必要な場合があります。これも白チャや青チャと違うところで、青チャの方が扱うのが難しい理由です。ただ、下の画像で示してあるような比較的平易な単元では、例題と練習でそこまでの差はありません。

青チャ2B 基本事項 
青チャ2B 基本事項 _0001
青チャ2B 基本例題 
青チャ2B 基本例題 _0001



重要例題

白チャや黄チャと違って補充例題はありません。問題の難易度は白チャのEXERCISEや、単元によってはそれ以上のものもある場合があります。また、黄チャの重要例題・補充例題と比べても問題の難易度そのものに大きな差はありません。黄チャとの総合的な難易度はEXERCISESや演習問題、総合演習などによって差がでます。

メリット
  • 大学入試レベル0〜1までの入試頻出パターンの問題を中心に構成されているので、基本例題が100%近く身に付いたあとに、この部分を学習すれば得点力が安定します。基本例題と合わせて身につけることができれば、レベル0までの大学の合格可能性はかなり高いと考えて良いでしょう。
  • レベル2の基礎基本作りとして使えます。

デメリット
  • 単元によってはレベル2程度の問題もあるので、レベル1が目標の場合、全ての問題をやるのは時間の面で効率が悪いです。
  • レベル2が目標の場合は少しもの足りない部分もあるので、プラチカ理系数学入試の核心(標準編)などの問題集で演習し思考力を鍛えるといいでしょう。
  • レベル3以上の大学入試だと、対応した問題の難易度や種類・量などが不足するので、青チャなどの上位の参考書を使うのをおすすめします。


青チャ2B 重要例題 



演習例題
重要例題よりもさらに難しい問題で構成されています。問題の難易度はレベル3以上が中心です。すべての節や章にあるわけではなく、また、問題数は多くありません。

青チャ2B 演習例題 
青チャ2B 演習例題 _0001

この通り非常に難しい内容です。


EXERCISES

各節毎に設定されている演習問題のページです。ここで白チャや黄チャと差が出ます。問題の難易度が黄チャよりも少し上がります。単元によっては問題の難易度において、例題とのギャップが大きく、解いたり理解するのにより時間がかかります。数Ⅱと数Bを合わせて263問あるのでかなりやりごたえがあります。

メリット
  • Aは入試レベル0〜1程度、Bはレベル1〜レベル2程度なのでレベル1の大学入試に適しています。
  • レベル2が目標の場合の基礎基本作りに使えます(総評のデメリット部分参照)。
  • 問題は難易度や問題の種類に応じてAとBに分かれているので、扱いやすいです。
  • 各問題には関連する例題番号が載っているので、関連問題の学習をするのに便利です。

デメリット
  • 基本例題・重要例題・補充例題の総合演習として設定されているので白チャのEXERCISESよりも問題の難易度も扱うのも難しいです。これも黄チャが初習やそれに近い学力の人には向かない理由の1つです。
  • レベル2が目標の場合は少しもの足りない部分もあるので、プラチカ理系数学入試の核心(標準編)などの問題集で演習し思考力を鍛えるといいでしょう。


このEXERCISESの部分が、白チャートと黄チャートの大きな違いのひとつです。どちらの参考書にもEXERCISESはありますが、白チャートは例題の反復練習のためにあり、黄チャートや青チャートは例題の内容の応用練習のためにあります。白チャート、黄チャート、青チャートの違いは白チャート、黄チャート、青チャート、の違いとおすすめの使い方を参照してください。

青チャ2B EXERCISES 


総合演習
巻末にはレベル2〜3を中心とした入試問題で構成されている総合演習があります。数Ⅰと数Aを合わせて53問あるのでEXERCISESと合わせて使えば、プラチカ理系数学入試の核心のような実践的な演習ができます。

青チャ2B 総合演習 
青チャ2B 総合演習 _0001
青チャ2B 総合演習 _0002





<解答>

略解
本体の巻末に問題の略解があります。答え合わせをしたいだけのときに使いましょう。詳細は下記の勉強法を見てもらいたいのですが、良い勉強法では解説を見ないでまずは自分で考えることが大切です。

青チャ2B 略解 


別冊解答
問題の解答は別冊です。本体の巻末に略解があります。全ての問題に対して、途中式を含めた解説がしっかりと成されています。解答自体に問題も載っているので便利です。また、言葉や式による補足説明もしっかりしていて、独学が十分に可能です。問題自体も解答冊子に記載されているので、これも便利です。

青チャ2B 解答 
青チャ2B 解答 _0001
青チャ2B 解答 _0002





<総評>



テキスト名(出版社、著者) 新課程 チャート式 基礎からの数学ⅡB(数研出版、チャート研究所)
タイプ 参考書
値段 店頭価格 2050円+税
サイズ、刷 A5、(平成24年度)
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 1144頁(619頁、504頁)
問題量 ★★★★★ 
問題の難易度 ★★★★☆
問題の解答 ★★★★★
数学的理解が深まる内容 ★★★☆☆
扱う難易度 ★★★★☆
問題数 例題=409題、練習=409題、EXERCISES=263題、総合演習=66題、計=1147題
1周目にかかる時間の目安 例題=102.25h、類題=102.25h、EXERCISES=131.5h、総合演習=33h、計=369h(123日)
問題数÷頁数= 1.002
おすすめレベル 文:レベル2〜4、理:レベル2〜3



おすすめレベルについては下部にある「テキスト問題難易度ー大学ランク 対応表」を参照してください。表の見方を含めて教材レビューの見方、特に1周目にかかる時間の目安についてはこちらを参照 → 教材レビューの見方

メリット
  • レベル2〜3の大学入試の勉強に適しています。
  • レベル4〜5の大学入試の勉強の基礎基本作りとして使えます。
  • 黄チャに比べてカバーできる難易度が広い


デメリット
  • 教科書基礎レベルなど基本的な部分が省略されているので学校対応には向かない
  • レベル0〜1の大学入試の勉強には向かない
  • 量が多い


黄チャに載っている問題は白チャや青チャに載っている。青チャにしかない問題がある。白チャは初習向きで黄チャと青チャは初習に向いていない。これらのことから考えて、黄チャを使うメリットはあまりありません。入試レベル0〜2ならば白チャと他の思考力鍛える問題集の組み合わせがいいですし、レベル2〜4なら青チャと他の思考力鍛える問題集の組み合わせがいいです。これは白チャ黄チャの個別ページや白チャ・黄チャ・青チャの違いのページにも書いてあるので詳細はそちらをどうぞ。




<使い方>

学校対応
一般的に学校対応には不向きですが、進学校ではプリントで配布するなどして使っているところもあるかもしれません。

入試レベル0〜1
このレベルにもあまり適していませんが、使うとしたらまずは基本例題とその練習のみひたすら進めて、その後に復習しつつそれらの例題に該当するEXERCISESをやっていく、というように問題選定しないときついでしょう。

入試レベル2〜3
このレベルにちょうど適しています。基本例題→重要例題→ここまでのEXERCISES→演習例題→演習例題のEXERCISES→総合演習のように一つ一つの段階を確実に身につけていくようにするといいと思います。青チャで受験科目の学習が終わったら、プラチカ理系数学入試の核心などでさらに強化し、その後は過去問演習するといいでしょう。

入試レベル4〜5
このレベルには少しものたりない部分もあるかもしれません。とはいえ、青チャをきっちりマスターすればこのレベルでも十分合格できる可能性があります。このレベルを目指す場合は青チャの完成度を100%近くまで上げておきましょう。


チャートの使い方はこちらも参照してみてください。白チャートの使い方のページですが、幅広く応用できる基本的な勉強方法を中心に書いてあるので参考になると思います。

青チャ、黄チャ、白チャ、の違いについてはこちらを参照してください。かなり細かく違いが書いてあるので参考になると思います。





<テキスト問題難易度ー大学ランク 対応表>

当ブログのテキストレビューはこれを基準にしていますが、この表は絶対的なものではなくあくまでも一つの目安だと考えてください。





レベル(偏差値) 国公立 私立(関東) 私立(関西)
レベル5 東京、京都
70〜
レベル4 北海道、一橋、東京工業、大阪、東北、名古屋、お茶の水女子、筑波、横浜国立、東京外語、九州、神戸 早稲田、慶應義塾
60後半
レベル3 首都大東京、千葉、広島、大阪市立、名古屋市立、東京農工、国際教養、岡山、金沢、電気通信 国際基督教、中央(法)、東京理科、上智、津田塾(学芸) 同志社、立命館、同志社女子(文)
60〜65
レベル2 大阪府立、熊本、名古屋工業、奈良女子、新潟、静岡、京都府立、神戸市外語大、滋賀、埼玉、岐阜、横浜市立、三重、東京学芸、信州 立教、明治、青山学院、中央(法以外)、法政、学習院、津田塾(学芸以外)、日本女子、東京女子 関西、関西学院、同志社、立命館
55〜60
レベル1 長崎、山形、鹿児島、群馬、弘前、宇都宮、山梨、和歌山、岩手、富山、香川、愛媛、徳島、山口、秋田、福島、福井、大分、鳥取、茨城、島根、高知女子 明治学院、成蹊、成城、芝浦工業、日大、駒澤、専修、東洋、國學院、聖心、フェリス、学習院女子 龍谷、甲南、京都産業、近畿、京都女子、神戸女学院
50〜55
レベル0 宮崎、高知、琉球、前橋工科、高知工科、佐賀、奈良県立、室蘭工業、群馬県立女子、福岡女子 神奈川、東海、多摩川、亜細亜、桜美林、立正、帝京、拓殖、国士舘、関東学院、昭和女子、共立女子、東洋英和、大妻、実践、清泉、相模女子、白百合、東京家政、文化女子 摂南、神戸学院、佛教、大阪経済、桃山学院、追手門
〜50



上記の表は過去の記事から引用
大学ランク [国公立、私立(関東)、私立(関西)総合版]

関連記事










[ 2014年04月25日 18:00 ] カテゴリ:チャート式 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

英文多読はKindleで♬
スポンサードリンク
Googleでサイト内を検索
シェアする
カテゴリ
人気ページランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。