FC2ブログ
個別指導講師の学習教材レビュー TOP  >  スポンサー広告 >  高校数学(演習用)  >  高校リード >  高校リード問題集 数学Ⅰ (新課程)
お知らせ
<2016年 3月12日 更新>
かなり久しぶりの更新です。 2015年度の指導も終わったのでここで2016年度の生徒の募集をしたいと思います。 募集の対象は全国の中学生、高校生です。 募集要項や私の指導例などの詳細はこちらのページへどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

高校リード問題集 数学Ⅰ (新課程)

リードⅠ

問題の難易度の幅が広いタイプのテキストで、解説が少ない・解答が弱いので独学には不向きです。日常学習や受験の土台・基礎作りのための問題集です。塾用の教材なので本屋さんでは購入できません。Amazon楽天だとたまに出品されていることもあります。ここまでを読むと「あまり良いテキストではないんじゃないの」と思うかもしれませんが、実はこのようなテキストは稀で使い方次第では非常に良いテキストだと言えます。

目次
第1章 数と式
第2章 2次関数
第3章 図形と計量
第4章 データの分析




以下がテキストのレビューです。

テキスト名(出版社、著者) 高校リード問題集Ⅰ 新課程(教育開発ONLINE、同)
タイプ 基礎問題集
値段 不明(わかり次第追記予定)
サイズ、刷 B5、不明(新課程に沿っているので2012年以降と思われる)
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 211頁(126頁、76頁)
問題量 ★★★★☆ 
問題の難易度 ★★★☆☆
問題の解答 ★☆☆☆☆
数学的理解が深まる内容 ★☆☆☆☆
扱う難易度 ★★★★★
問題数 例題=149題、類題=333題、混合問題=112題、章末問題=63題、研究&分析=7題、計=664題
1周目にかかる時間の目安 例題=37.25h、類題=83.25h、混合問題=56h、章末問題=31.5h、研究&分析=3.5h、

計=211.5h(71日)
問題数÷頁数= 3.147
おすすめレベル 文:レベル0〜2、理:レベル0〜1

おすすめレベルについては下部にある「テキスト問題難易度ー大学ランク 対応表」を参照してください。

表の見方を含めて教材レビューの見方、特に1周目にかかる時間の目安についてはこちらを参照 → 教材レビューの見方









まず最初に言っておかないといけないことがあります。このテキストは個人向けには流通していません(店頭販売もしていません)。塾や学校向けに販売しているものです。

教育開発ONLINEのHPのリンクを貼っておきます。
教育開発ONLINE
HPによると「弊社では個人販売・書店販売は一切行っておりません」と書いてあるので、やはり指導者向けのテキストと考えた方が良さそうです。ちなみに私はよく使います。




構成
主に「例題」「類題」「混合問題」「章末問題」「巻末」から成っています。例題で必要最小限の解説がなされ、その下に類題があります。また各ページの下部に「ポイント」があり類題を解くためのヒントとなっています。



例題
学校教科書の基本レベルから応用レベルまでのひと通りの問題が掲載されていますが、難易度が一目でわかるような印はありません。基本的には単元毎に例題番号が大きくなるほど問題が難しくなっています。



類題
例題より少し簡単な問題から少し難しい問題が、例題毎にそのすぐ下に掲載されています。類題を演習すれば各パターンのトレーニングができるようになっています。類題は豊富で、問題の小さな型の違い・難易度の違いがあるいろいろな問題パターンを小問で練習できます。



混合問題
各単元の最後に、その単元の総合問題が掲載されています。例題や類題より少し難しいレベルのA問題とそれよりもさらに難しいB問題に分かれています。例題や類題よりは難しいもののどちらも学校の定期テストの域は出ない難易度です。






章末問題
各章の最後に、その章の総合問題が掲載されています。例題、類題、混合問題と同じ難易度のA問題と、それよりも難しいB問題があります。B問題は大学入試でレベル2くらいまでの問題もあります。






巻末
「研究と分析」「中学のまとめ」「数学Ⅰの重要事項」の3つから成ります。研究と分析では教科書などに載っていない発展的内容が掲載されていますが、どれもレベル2〜3以上の参考書や問題集に載っている内容です。








問題の解答
問題の解答は別冊です。途中式が省略されていたり、あまり解説がしっかりしていません。また解答の材質が弱くすぐに破れてしまいます。









数学的理解が深まる内容
数学的内容が深まる内容はほとんどないです。








総評

問題の難易度の幅が広いタイプのテキストで、解説が少ない・解答が弱いので独学には不向きです。日常学習や受験の土台・基礎作りのための問題集です。塾用の教材なので本屋さんでは購入できません。Amazon楽天だとたまに出品されていることもあります。ここまでを読むと「あまり良いテキストではないんじゃないの」と思うかもしれませんが、実はこのようなテキストは稀で使い方次第では非常に良いテキストだと言えます。

どう使うのが良いかというと大きく分けて二つです。一つは学校対応です。学校で使用している問題集の補充や定期テスト対策、日常学習として使えます。もう一つは、受験勉強の土台・基礎作りに使えます。ただしどちらも指導者によるアドバイスを必要とします。解説や解答は少ない・弱いが完全にないわけではないので、足りない部分を自分で考えて補うことが必要になります。その過程で思考力が強化されます。これらの理由から扱う難易度は★5つ、おすすめレベルは、文:レベル0〜2、理:レベル0〜1としました。








使い方の例

学校対応
指導してくれる人がいる環境で使わないといけません。自力で扱うのは難しいでしょう。学校の教科書や問題集と併用するといいと思います。弱点部分を補強するときや初習で類題演習をしたいときに重宝します。それらの用途にあわせて問題を選定する必要があります。


志望校:レベル0〜1
指導してくれる人がいる環境で使わないといけません。自力で扱うのは難しいでしょう。1周目は「例題」とその「類題」をやっていきますが、志望校レベルに合わせて問題を選定する必要があります。基本的には各項目の後ろにある例題ほど難しくなっているので一つの目安になります。1周目は混合問題はやらなくていいです。2周目は1周目に扱った問題の類題部分をもう一度やります。このとき相当する混合問題もやるといいでしょう。繰り返し演習し1、2周目で扱った問題の80%以上が解けるようになったら、同じレベルか一つ上の基礎問題集をやりましょう。また、章末問題は難しいのでやらなくていいと思います。最終的な目標は1、2周目で扱った問題を90%以上解けるようにすることです。


志望校:レベル2〜3
指導してくれる人がいる環境で使わないといけません。自力で扱うのは難しいでしょう。1周目は「例題」とその「類題」をやっていきますが、志望校レベルに合わせて問題を選定する必要があります。基本的には各項目の後ろにある例題ほど難しくなっているので一つの目安になります。1周目は混合問題のAはやってもいいでしょう。2周目は1周目に扱った問題の類題部分をもう一度やります。このとき相当する混合問題もやるといいでしょう。繰り返し演習し1、2周目で扱った問題の80%以上が解けるようになったら、同じレベルか一つ上の基礎問題集をやりましょう。また、章末問題は難しいのでやらなくていいと思います。最終的な目標は1、2周目で扱った問題を90%以上解けるようにすることです。


志望校:レベル4〜5
指導してくれる人がいる環境で使わないといけません。自力で扱うのは難しいでしょう。1周目は「例題」とその「類題」をやっていきますが、この志望校レベルであればほぼ全ての問題を解けるようにする必要があります。基本的には各項1周目は混合問題のAはやってもいいでしょう。2周目は1周目に扱った問題の類題部分をもう一度やります。このとき相当する混合問題も全てやるといいでしょう。繰り返し演習し1、2周目で扱った問題の90%以上が解けるようになったら、同じレベルか一つ上の基礎問題集をやりましょう。また、章末問題はひと通りやってもいいと思いますが、基礎問題集や入試対策問題集で代用できるのでカットしてもいいでしょう。最終的な目標は1、2周目で扱った問題を95%以上解けるようにすることです。







テキスト問題難易度ー大学ランク 対応表

当ブログのテキストレビューはこれを基準にしていますが、この表は絶対的なものではなくあくまでも一つの目安だと考えてください。

レベル(偏差値) 国公立 私立(関東) 私立(関西)
レベル5 東京、京都
70〜
レベル4 北海道、一橋、東京工業、大阪、東北、名古屋、お茶の水女子、筑波、横浜国立、東京外語、九州、神戸 早稲田、慶應義塾
60後半
レベル3 首都大東京、千葉、広島、大阪市立、名古屋市立、東京農工、国際教養、岡山、金沢、電気通信 国際基督教、中央(法)、東京理科、上智、津田塾(学芸) 同志社、立命館、同志社女子(文)
60〜65
レベル2 大阪府立、熊本、名古屋工業、奈良女子、新潟、静岡、京都府立、神戸市外語大、滋賀、埼玉、岐阜、横浜市立、三重、東京学芸、信州 立教、明治、青山学院、中央(法以外)、法政、学習院、津田塾(学芸以外)、日本女子、東京女子 関西、関西学院、同志社、立命館
55〜60
レベル1 長崎、山形、鹿児島、群馬、弘前、宇都宮、山梨、和歌山、岩手、富山、香川、愛媛、徳島、山口、秋田、福島、福井、大分、鳥取、茨城、島根、高知女子 明治学院、成蹊、成城、芝浦工業、日大、駒澤、専修、東洋、國學院、聖心、フェリス、学習院女子 龍谷、甲南、京都産業、近畿、京都女子、神戸女学院
50〜55
レベル0 宮崎、高知、琉球、前橋工科、高知工科、佐賀、奈良県立、室蘭工業、群馬県立女子、福岡女子 東海、多摩川、亜細亜、桜美林、立正、帝京、拓殖、国士舘、関東学院、昭和女子、共立女子、東洋英和、大妻、実践、清泉、相模女子、白百合、東京家政、文化女子 摂南、神戸学院、佛教、大阪経済、桃山学院、追手門
〜50



上記の表は過去の記事から引用
大学ランク [国公立、私立(関東)、私立(関西)総合版]

関連記事










[ 2014年04月26日 02:24 ] カテゴリ:高校リード | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

英文多読はKindleで♬
スポンサードリンク
Googleでサイト内を検索
シェアする
カテゴリ
人気ページランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。