FC2ブログ
個別指導講師の学習教材レビュー TOP  >  スポンサー広告 >  高校数学(演習用)  >  入試の核心 >  文系数学 入試の核心 標準編 (旧課程版)
お知らせ
<2016年 3月12日 更新>
かなり久しぶりの更新です。 2015年度の指導も終わったのでここで2016年度の生徒の募集をしたいと思います。 募集の対象は全国の中学生、高校生です。 募集要項や私の指導例などの詳細はこちらのページへどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

文系数学 入試の核心 標準編 (旧課程版)



問題の難易度の幅は狭いです。逆に言えば、問題数が少ないので、少し偏りがあると考えた方が良さそうです。このテキストだけだと、実際の入試で対応できない問題が、少なからず出てくるでしょう。問題数が少ない、問題の難易度の幅が狭いこと、扱いやすくするための工夫が随所にあること、解答がしっかりしていること、から考えて数学的理解が深まる内容は★3つ、扱う難易度は★2つ、おすすめレベルは、文:レベル2〜4、理:レベル2〜3、としました。

目次
第1章 数と式、高次方程式
第2章 いろいろな関数
第3章 図形と方程式
第4章 微分・積分
第5章 図形とベクトル
第6章 場合の数と確率
第7章 整数と数列

文系数学 入試の核心 改訂版(新課程) はこちら

改訂版(新課程)のレビューはこちらへどうぞ
文系数学入試の核心 改訂版




以下がテキストのレビューです。

テキスト名(出版社、著者) 文系数学 入試の核心 標準編(Z会出版、同)
タイプ 入試対策問題集
値段 1200円+税
サイズ、刷 A5、2010年発行
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 246頁(42頁、188頁)
問題量 ☆☆☆☆☆
問題の難易度 ★★★☆☆
問題の解答 ★★★★★
数学的理解が深まる内容 ★★★☆☆
扱う難易度 ★★☆☆☆
問題数 問題=120題、計=120題
1周目にかかる時間の目安 問題=60h、計=60h(20日)
問題数÷頁数= 0.488
おすすめレベル 文:レベル2〜4、理:レベル2〜3





おすすめレベルについては下部にある「テキスト問題難易度ー大学ランク 対応表」を参照してください。

表の見方を含めて教材レビューの見方、特に1周目にかかる時間の目安についてはこちらを参照 → 教材レビューの見方








構成
入試対策問題集なので、構成はシンプルです。主に「問題」「解答」から成っています。各章は問題のみ掲載され、解答は別冊になっています。また冒頭に、「数学受験に向けて」があり、文系数学と理系数学の違い、各分野のポイントの整理、の記述があります。解答の方が量が多いため、問題が別冊になっている。



問題
レベル2〜4程度の問題が中心。主要な国公立大・私大の文系学部(文学部、経済学部、商学部、法学部、教育学部など)を中心とした過去10年分の入試問題から、文系の数学受験において重要な要素を含む120題が掲載されています。問題番号の横には問題ごとのテーマが記載されている。また、その隣には難易度が3段階で表示してある。



解答
本体が解答になっています(問題は別冊)。解答には問題自体は載っていません。まず「考え方」で解答のヒントがなされ、その後に詳しい解答が載っている形です。解答は途中式も含めてかなり丁寧になされています。欄外に図や式・言葉による補足説明があります。また、問題が掲載されているページが表示されています。











数学的理解が深まる内容
これについては「問題」と「解答」自体がその役割を果たしていると言えます。








扱う難易度
問題の難易度は、レベル2〜3が中心ですが、問題数が少ないこと、問題ごとの難易度が表示されていること、解答がしっかりしていることから、扱う難易度はそこまで高くありません。








総評
問題の難易度の幅は狭いです。逆に言えば、問題数が少ないので、少し偏りがあると考えた方が良さそうです。このテキストだけだと、実際の入試で対応できない問題が、少なからず出てくるでしょう。問題数が少ない、問題の難易度の幅が狭いこと、扱いやすくするための工夫が随所にあること、解答がしっかりしていること、から考えて数学的理解が深まる内容は★3つ、扱う難易度は★2つ、おすすめレベルは、文:レベル2〜4、理:レベル2〜3、としました。

旧過程版ですので、これを参考にして新課程版を買うといいと思います。行列を除けば新課程の人でも使うことは可能ですが、入試直前の段階での使用はあまりおすすめしません。時間に十分余裕があるならば、腕試しにやってみてもいいでしょう。以下の「使い方の例」は新課程版にも対応した使いかたですので、参考にしてみてください。






使い方の例

学校対応、目標(学力)レベル別の使い方の例を示してあります。レベルについては記事下部の「テキスト問題難易度ー大学ランク 対応表」を参照してください。



学校対応
学校対応にはまったく向きません。


志望校:レベル0〜1
問題の難易度が高いのでこのレベルの大学を目指す人には向きません。


志望校:レベル2〜3
このレベルの大学を目指す人にちょうど適した入試対策問題集と言えます。おすすめレベル2〜4までの参考書のインプットをひと通り終えたあと、または、おすすめレベル2〜3の基礎問題集のあとにこの問題集をやりましょう。完成度の目安は95%以上の問題を解けるようにすることです。その後は、同レベルないし一つ上の、他の入試対策問題集をやるとより良いでしょう。


志望校:レベル4〜5
このレベルの大学を目指す人には若干易しい入試対策問題集と言えます。おすすめレベル4〜5までの参考書のインプットをひと通り終えたあと、または、おすすめレベル2〜3の基礎問題集のあとにこの問題集をやりましょう。最終的な目標は同位・下位の基礎問題集を95%以上解けるようにした上で、このテキストの95%の問題を解けるようにすることです。その後にレベル4〜5の入試対策問題集をやりましょう。


















テキスト問題難易度ー大学ランク 対応表

当ブログのテキストレビューはこれを基準にしていますが、この表は絶対的なものではなくあくまでも一つの目安だと考えてください。

レベル(偏差値) 国公立 私立(関東) 私立(関西)
レベル5 東京、京都
70〜
レベル4 北海道、一橋、東京工業、大阪、東北、名古屋、お茶の水女子、筑波、横浜国立、東京外語、九州、神戸 早稲田、慶應義塾
60後半
レベル3 首都大東京、千葉、広島、大阪市立、名古屋市立、東京農工、国際教養、岡山、金沢、電気通信 国際基督教、中央(法)、東京理科、上智、津田塾(学芸) 同志社、立命館、同志社女子(文)
60〜65
レベル2 大阪府立、熊本、名古屋工業、奈良女子、新潟、静岡、京都府立、神戸市外語大、滋賀、埼玉、岐阜、横浜市立、三重、東京学芸、信州 立教、明治、青山学院、中央(法以外)、法政、学習院、津田塾(学芸以外)、日本女子、東京女子 関西、関西学院、同志社、立命館
55〜60
レベル1 長崎、山形、鹿児島、群馬、弘前、宇都宮、山梨、和歌山、岩手、富山、香川、愛媛、徳島、山口、秋田、福島、福井、大分、鳥取、茨城、島根、高知女子 明治学院、成蹊、成城、芝浦工業、日大、駒澤、専修、東洋、國學院、聖心、フェリス、学習院女子 龍谷、甲南、京都産業、近畿、京都女子、神戸女学院
50〜55
レベル0 宮崎、高知、琉球、前橋工科、高知工科、佐賀、奈良県立、室蘭工業、群馬県立女子、福岡女子 東海、多摩川、亜細亜、桜美林、立正、帝京、拓殖、国士舘、関東学院、昭和女子、共立女子、東洋英和、大妻、実践、清泉、相模女子、白百合、東京家政、文化女子 摂南、神戸学院、佛教、大阪経済、桃山学院、追手門
〜50



上記の表は過去の記事から引用
大学ランク [国公立、私立(関東)、私立(関西)総合版]






関連記事










[ 2014年05月12日 15:00 ] カテゴリ:入試の核心 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

英文多読はKindleで♬
スポンサードリンク
Googleでサイト内を検索
シェアする
カテゴリ
人気ページランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。