FC2ブログ
個別指導講師の学習教材レビュー TOP  >  スポンサー広告 >  中学教材  >  数学 >  中学総合的研究 数学 三訂版
お知らせ
<2016年 3月12日 更新>
かなり久しぶりの更新です。 2015年度の指導も終わったのでここで2016年度の生徒の募集をしたいと思います。 募集の対象は全国の中学生、高校生です。 募集要項や私の指導例などの詳細はこちらのページへどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中学総合的研究 数学 三訂版



問題の難易度の幅が広いタイプのテキストです。また、全体の問題数は多いですが、学年ごとで考えれば大きな負担を感じるほどではないでしょう。網羅型の参考書なので、これ一冊あれば中学内容は全て学習することができます。また、対応した問題集も出ているのでそれも合わせて使えば、偏差値50台後半までの公立入試対策なら対応できます。

目次
数 編
第1章 正負の数(中1)
第2章 数の性質(中1)
第3章 平方根(中3)

式 編
第1章 文字と式(中1)
第2章 式と計算(中2)
第3章 多項式(中3)

方程式 編
第1章 1次方程式(中1)
第2章 連立方程式(中2)
第3章 2次方程式(中3)

関数 編
第1章 比例・反比例(中1)
第2章 1次関数(中2)
第3章 関数y=ax^2(中3)

図形 編
第1章 平面図形(中1)
第2章 空間図形(中1)
第3章 平行と合同(中2)
第4章 図形の性質(中2)
第5章 円の性質(中3)
第6章 相似な図形(中3)
第7章 三平方の定理(中3)

資料の活用 編
第1章 資料のちらばりと代表値(中1)
第2章 場合の数(中2)
第3章 確率(中2)
第4章 標本調査(中3)


*この参考書に対応した問題集もあります。






以下がテキストのレビューです。

テキスト名(出版社、著者) 中学総合的研究 数学 三訂版(旺文社、西村圭一ほか)
タイプ 参考書
値段 2800円+税
サイズ、刷 A5、2013年発行
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 632頁(494頁、107頁)
問題量 ★★★★★
問題の難易度 ★★★★☆
問題の解答 ★★★★★
数学的理解が深まる内容 ★★★★★
扱う難易度 ★★★★★
問題数 例題=332題、確認問題=394題、章末問題=180題、入試問題=65題、計=971題
1周目にかかる時間の目安 例題=83h、確認問題=98.5h、章末問題=90h、入試問題=32.5h、計=304h(102日)
問題数÷頁数= 1.377
おすすめレベル レベル4〜5

おすすめレベルについては下部にある「中学生の学力レベルの目標別分類」を参照してください。

表の見方を含めて教材レビューの見方、特に1周目にかかる時間の目安についてはこちらを参照 → 教材レビューの見方








構成
中学3年間で学習する内容が全て掲載されています。単元の掲載順は、学校で実際に学習する順になっているのではなく、体系的に分類され、その中で学年順になっています。主に、「学習内容ダイジェスト」「例題」「確認問題」「Mathematics Column」「章末問題」「入試問題」「別冊解答」から成っています。また、多色刷りです。



学習内容ダイジェスト
各章の冒頭に、その章で学習することの要点がまとまっています。ここを読んでから、学習をスタートするとより理解が深まります。



例題
各テーマ毎に例題が設定されています。1ページに1題の形です。問題の難易度はレベル0〜4と幅広いです。「Focus」で解答のヒント、「解き方」で実際の解答、「学習のポイント」でその問題を解く上での重要なポイント、の説明がそれぞれ成されてます。この順に進めるといいでしょう。また、欄外には、「用語」で重要な数学用語の解説、「ここに注意」で問題を解く上で間違えやすいところの解説、「もっとくわしく」で問題を解く上でつまづきやすい部分の補足解説、「Go to」でその事項の展開した内容の例題番号、「Return」でわからなくなったときにどこに戻ればよいかの例題番号、「研究」現在の学習内容に関連し高校へつながるようなハイレベルの内容に踏み込んだテーマ、がそれぞれ掲載されています。



確認問題
ページの下部に各例題に対応した問題があります。例題よりも少し難しい内容や、例題の知識を利用して解く問題です。例題の知識を理解できたか、定着したか、などを計るのに使えます。問題の難易度としてはレベル0〜4と幅広いです。



Mathematics Column
日常生活、恋愛、スポーツ、音楽、アート、自然、といった一見数学とは関係なさそうなテーマについて、数学とどのような関連があるのかを読み物として掲載されています。どれも数学に興味がわくような内容になっていて面白いです。



章末問題
各章のまとめの問題は掲載されています。問題の難易度はレベル3〜5が中心で、例題や確認問題よりもやや難しい内容で、中には公立高校入試からの出題もあります。



入試問題
公立入試問題と私立入試問題に分かれています。公立入試問題はレベル4〜5が中心、私立入試問題はレベル5以上の問題が中心です。







問題の解答
問題の解答は別冊です。確認問題、章末問題、入試問題の解答は別冊解答に掲載されています。本体同様、多色刷りで、途中計算も含めて、図や言葉による解説が詳しく載っています。







数学的理解が深まる内容
体系的に分類された構成であること、「研究」「Mathematics Corumn」「ここに注意」「もっとくわしく」など数学的理解が深まる記述が多く掲載されています。








総評

問題の難易度の幅が広いタイプのテキストです。また、全体の問題数は多いですが、学年ごとで考えれば大きな負担を感じるほどではないでしょう。網羅型の参考書なので、これ一冊あれば中学内容は全て学習することができます。また、対応した問題集も出ているのでそれも合わせて使えば、偏差値50台後半までの公立入試対策なら対応できます。

かなり完成度の高い参考書ですが、ひとつ残念なのは問題の難易度がわかる指標が問題についていないことです。同シリーズの高校数学の方(総合的研究 数学Ⅰ+A(旺文社、著:長岡亮介))では、例題などの難易度がわかるようになっていたので、そこまでされていたらほぼ完璧な参考書と言えると思います。

問題の難易度はレベル0〜5まで幅広く掲載されていて、特にレベル3〜4の問題が厚いことから、問題の難易度は★4つとしました。

体系的に分類された構成であること、「研究」「Mathematics Corumn」「ここに注意」「もっとくわしく」など数学的理解が深まる記述が多く掲載されていることから、解説(数学的理解が深まる内容)は★5つとしました。

問題の難易度の幅が広いこと、難易度の指標がないこと、問題数が圧倒的に多いこと、問題以外の情報が多いこと、から扱う難易度は★5つとしました。








使い方の例

目標(学力)レベルに応じた使い方の例を示してあります。レベルについては記事下部の「>中学生の学力レベルの目標別分類」を参照してください。


レベル0〜1
学校対応向きの参考書ですが、レベル5まで幅広く問題が掲載されていることから、レベル0〜1の人にはあまり向かないでしょう。もし扱うとしたら、定期テスト対策にしても入試対策にしても、レベルに応じて例題と確認問題から問題を選定してやるようにしましょう。


レベル2〜3
定期テスト対策として使用する場合は、ひと通りの例題と確認問題をマスターしましょう。章末問題は必ずしもやらなくていいです。入試対策としては、例題、確認問題、章末問題までをマスターすることが目安です。入試問題は、公立入試をやってもいいですが、私立入試はやらなくもいいでしょう。さらに演習したい場合は、この参考書に対応した問題集を学習するといいと思います。


レベル4〜5
定期テスト対策として使用する場合は、例題、確認問題、章末問題、までの問題をマスターしましょう。入試対策としては公立入試までの問題をマスターしましょう。私立入試もやってみるといいかもしれません。安定した得点力を強化するために、この参考書に対応した問題集を合わせて学習するといいと思います。





















中学生の学力レベルの目標別分類

当ブログのテキストレビューはこれを基準にしていますが、この表は絶対的なものではなくあくまでも一つの目安だと考えてください。


学校定期テスト目標(100点満点) 評定目標(5段階) 公立入試目標(100点満点)
レベル0 20~40点 最高でも2 〜30点
レベル1 40〜60点 最低で2、最高で3 30〜50点
レベル2 60〜70点 3 50〜65点
レベル3 70〜80点 最低で3、最高で4 65〜80点
レベル4 80〜90点 最低で4、最高で5 80〜90点
レベル5 90〜100点 5 90〜100点




また、数値以外の指標としてこちらも参考にしてみてください。


小学校内容の定着度(中学受験内容は除く) 学校定期テストでの戦略
レベル0 計算、特に小数・分数、が定着していない 計算問題の中でも、比較的平易なものを中心に得点する
レベル1 計算は一応クリアしているが、その他の部分、特に割合や比などが定着していない 計算問題の平易なものは確実に、難しいものも挑戦する。その他の基本レベルの問題は確実に得点する。
レベル2 基本レベルはひと通りは定着している 基本レベルの問題は全て得点することを前提とし、標準レベルも比較的平易なものは確実に得点する。
レベル3 標準レベルはひと通り定着している 標準レベルの問題の比較的平易なものまでの問題を確実に得点することを前提とし、標準レベルの難しい問題も挑戦する。
レベル4 応用レベルの比較的平易なところまで定着している 標準レベルの問題は確実に得点することを前提とし、応用問題も比較的平易なもには挑戦する。
レベル5 応用レベルまでほぼ全て定着している 応用レベルの問題は比較的平易なものまでの問題を確実に得点することを前提とし、難問まで挑戦する。


関連記事










[ 2014年05月13日 15:00 ] カテゴリ:数学 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

英文多読はKindleで♬
スポンサードリンク
Googleでサイト内を検索
シェアする
カテゴリ
人気ページランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。