FC2ブログ
個別指導講師の学習教材レビュー TOP  >  スポンサー広告 >  高校数学(参考書)  >  理解しやすい数学 >  理解しやすい数学Ⅱ+B(新課程版)
お知らせ
<2016年 3月12日 更新>
かなり久しぶりの更新です。 2015年度の指導も終わったのでここで2016年度の生徒の募集をしたいと思います。 募集の対象は全国の中学生、高校生です。 募集要項や私の指導例などの詳細はこちらのページへどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

理解しやすい数学Ⅱ+B(新課程版)



「レベルは青チャートとほぼ同じだが、こちらの方が扱いやすい」と言えます。どちらも、「例題」と「類題」の部分はほぼ同じ構成です。青チャートは各項目のまとめとしては「EXERCISES」しかなく、その中で問題の難易度の幅が広いので扱いにくいです。この参考書は、「テスト前要点チェック」「練習問題A」「練習問題B」と分かれています。また、青チャートは章末問題がないですが、こちらはあります。また、「探求と展望」など数学的理解が深まる内容も、こちらの方が良いものが多いです。解答の解説は、青チャートの方が充実しています。

目次

数学Ⅱ
第1章 式と証明・方程式と複素数
第2章 図形と方程式
第3章 三角関数
第4章 指数関数・対数関数
第5章 微分と積分

数学B
第6章 平面と空間ベクトル
第7章 数列 
第8章 確率分布と統計的な推測

より深い学びのための探求と展望





以下が教材レビューです。レビューの見方について、特に1周目にかかる時間の目安わからない場合はこちらを参照してください。教材レビューの見方

テキスト名(出版社、著者) 理解しやすい数学Ⅱ+B 新課程版 (文英堂、藤田宏)
タイプ 参考書
値段 1900円+税
サイズ、刷 A5、2013年度発行
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 955頁(570頁、348頁)
問題量 ★★★★★
問題の難易度 ★★★☆☆
問題の解答 ★★★★★
数学的理解が深まる内容 ★★★★☆
扱う難易度 ★★★☆☆
問題数 例題=381題、類題=381題、テスト前要点チェック=153題、練習+章末=327題、探求・展望=46題、計=1288題
1周目にかかる時間の目安 例題=95.25h、類題=95.25h、テスト前要点チェック=38.25h、練習+章末=163.5h、探求・展望=23h、計=425.25h(139日)
問題数÷頁数= 1.349
おすすめレベル 文:1〜4、理:レベル1〜3










<構成>


いわゆる網羅型の参考書です。主に「要点・CHECK/MEMO」「例題」「テスト直前要点チェック」「練習問題」「章末問題」「探求と展望」「Tea time/Topix」から成っています。学校で学習するような内容は全て網羅され、その解説がしっかりしているので日常学習・自学に十分に対応しています。





要点・CHECK/MEMO
各単元の最初に、その単元で学習する定義・公式などの重要事項がまとめてあります。また「MEMO」ではより詳しい解説・公式の証明、注意事項などが書かれています。





例題
各単元の「要点・CHECK/MEMO」のあとには、例題が載っています。1ページに1題の形になっています。例題は、その難易度によって、「基本例題」「標準例題」「発展例題」に分かれています。その問題の難易度はレベル0〜2程度です。例題の下には解答のヒントとして「着眼」、例題の「解答」、より詳しい解説として「検討」があります。欄外には、言葉・式・図による補足説明があります。





類題
例題ページの下部にはその「類題」があります。類題は例題と同じレベルの問題と、場合によっては少し難しい問題があります。





テスト直前要点チェック
各項目の最後には、その項目のまとめとして「テスト直前要点チェック」があります。問題の難易度は「例題」や「類題」と同じです。問題の欄外には、対応している「例題」の番号が記載されているので、わからなくなった場合はどこを見ればいいのかすぐにわかります。日常学習での実践演習として使うとよいでしょう。





練習問題
各項目の最後、「テスト直前要点チェック」のあとには、より難易度が高い「練習問題」があります。ここは大学入試からの出題が多く、その難易度はレベル0〜3程度です。難易度によって「A」と「B」に分かれています。「A」はレベル0〜2程度、「B」はレベル1〜3程度です。欄外には、一部の問題の「ヒント」が記載されています。この部分は、標準的な学力までの学校であれば、日常学習ではあまり使わないでしょう。受験勉強の実践演習として使うとよいでしょう。





章末問題
各章の章末に「章末問題」があります。その章の各項目の内容における、レベル3〜4程度の問題が載っています。欄外には、一部の問題の「ヒント」が記載されています。この部分は、標準的な学力までの学校であれば、日常学習ではほぼ使わないでしょう。受験勉強の実践演習として使うとよいでしょう。





探求と展望
全ての章が終わったあとには「探求と展望」があります。有名校を目指すための、やや発展的な内容を扱った特別章で、「探求題」と「展望題」に分かれています。「探求題」は実戦的な取り組みを通じて解法を探求する問題、「展望題」は問題を高く広い視野で受け止め、解決の方向を発見する問題です。問題の難易度はレベル4〜5程度です。





Tea time/Topix
項目と項目の合い間や、章末に、数学の教養を深めるコラムがあります。学校での学習や、受験勉強には直接関係ない内容ですが、数学の幅広さや奥深さを楽しめる内容になっています。








解答
「類題」「テスト直前要点チェック」「練習問題」「章末問題」の解答は別冊です。問題自体も掲載されているので、どの問題の解答なのかをすぐに判断できます。途中計算も含めてしっかりと書かれて、解答だけではなく、例題に記載されているような「着眼」が書いてあります。








総評

「レベルは青チャートとほぼ同じだが、こちらの方が扱いやすい」と言えます。どちらも、「例題」と「類題」の部分はほぼ同じ構成です。青チャートは各項目のまとめとしては「EXERCISES」しかなく、その中で問題の難易度の幅が広いので扱いにくいです。この参考書は、「テスト前要点チェック」「練習問題A」「練習問題B」と分かれています。また、青チャートは章末問題がないですが、こちらはあります。また、「探求と展望」など数学的理解が深まる内容も、こちらの方が良いものが多いです。解答の解説は、青チャートの方が充実しています。

「青チャート」は例題とその類題、EXERCISESとその解答、が最大の利点です。一方で、「理解しやすい数学」は、「使いやすさ」が最大の利点です。解説が青チャートより若干弱いですが、その扱いやすさを考えると「理解しやすい数学」のほうがおすすめです。



問題の難易度の幅は広いです。問題選定をしやすくするための工夫が成されていて、「例題」「類題」「テスト直前要点チェック」「練習問題」「章末問題」などは、難易度が明らかに分かれているので、学校対応としても十分使えます。また、「練習問題」「章末問題」は難易度が高く、受験勉強でも活躍します。


掲載されている問題の難易度は、レベル0〜5まで幅広いですが、メインである「例題」「類題」「テスト直前要点チェック」「練習問題」がレベル0〜3であることから、問題の難易度は★3つとしました。

「着眼」、「検討」、「探求と展望」、「Tea time/Topix」などがこれに当たります。また問題やその解答自体も、よくできているので、それだけでも理解は深まります。よって、数学的理解が深まる内容は★4つとしました。

問題数が非常に多く、問題の難易度の幅も広いですが、解答や解説がしっかりしています。例題は難易度別に3段階に分かれ、「練習問題」、「章末問題」と明らかに問題の難易度が分かれているなど、問題選定がしやすくなる工夫が施されています。よって、扱う難易度は★3つとしました。


以上のことから総合的に判断し、おすすめレベルは、文系でレベル1〜4、理系でレベル1〜3、としました。







使い方の例

学校対応
目標にあわせて、まずは「例題」「類題」を学習しましょう。テスト前には「テスト直前チェック」をひと通りやってみて、弱点は「例題」「類題」に戻って学習するとよいでしょう。



入試対策:レベル0〜1
① 各項目の「例題」「類題」「テスト直前要点チェック」を80%以上解けるようにする
② 各項目の「練習問題A」を70%以上解けるようにする
③ 各項目の「練習問題B」を60%以上解けるようにする
④ 各項目の「章末問題」を50%以上解けるようにする。
⑤ ①〜④を繰り返し、それぞれ90%、80%、70%、60%以上解けるようにする。
⑥ 同レベルか一つ上の「基礎問題集」「入試対策問題集」に移る。

*レベル0の場合は④はカットしてもいいかもしれません。



入試対策:レベル2〜3
① 各項目の「例題」「類題」「テスト直前要点チェック」を90%以上解けるようにする
② 各項目の「練習問題A」を80%以上解けるようにする
③ 各項目の「練習問題B」を70%以上解けるようにする
④ 各項目の「章末問題」を60%以上解けるようにする。
⑤ ①〜④を繰り返し、それぞれ95%、90%、80%、70%以上解けるようにする。
⑥ 同レベルか一つ上の「基礎問題集」「入試対策問題集」に移る。

*レベル3の場合は⑤での割合をそれぞれ5%程度下げてもいいでしょう。



入試対策:レベル4〜5
① 各項目の「例題」「類題」「テスト直前要点チェック」を95%以上解けるようにする
② 各項目の「練習問題A」を90%以上解けるようにする
③ 各項目の「練習問題B」を80%以上解けるようにする
④ 各項目の「章末問題」を70%以上解けるようにする。
⑤ ①〜④を繰り返し、それぞれ95%、95%、90%、90%以上解けるようにする。
⑥ 同レベルか一つ上の「基礎問題集」「入試対策問題集」に移る。

*レベル4の場合は⑤での割合をそれぞれ5%程度下げてもいいでしょう。







勉強方法についてはこちらの過去記事も参考にしてみてください。
大学受験の勉強方法 「第1回 勉強するときのルールを決めよう」
大学受験の勉強方法 「第2回 テキストの選び方」
大学受験の勉強方法 「第3回 受験勉強の流れと戦略」























テキスト問題難易度ー大学ランク 対応表

当ブログのテキストレビューはこれを基準にしていますが、この表は絶対的なものではなくあくまでも一つの目安だと考えてください。

レベル(偏差値) 国公立 私立(関東) 私立(関西)
レベル5 東京、京都
70〜
レベル4 北海道、一橋、東京工業、大阪、東北、名古屋、お茶の水女子、筑波、横浜国立、東京外語、九州、神戸 早稲田、慶應義塾
60後半
レベル3 首都大東京、千葉、広島、大阪市立、名古屋市立、東京農工、国際教養、岡山、金沢、電気通信 国際基督教、中央(法)、東京理科、上智、津田塾(学芸) 同志社、立命館、同志社女子(文)
60〜65
レベル2 大阪府立、熊本、名古屋工業、奈良女子、新潟、静岡、京都府立、神戸市外語大、滋賀、埼玉、岐阜、横浜市立、三重、東京学芸、信州 立教、明治、青山学院、中央(法以外)、法政、学習院、津田塾(学芸以外)、日本女子、東京女子 関西、関西学院、同志社、立命館
55〜60
レベル1 長崎、山形、鹿児島、群馬、弘前、宇都宮、山梨、和歌山、岩手、富山、香川、愛媛、徳島、山口、秋田、福島、福井、大分、鳥取、茨城、島根、高知女子 明治学院、成蹊、成城、芝浦工業、日大、駒澤、専修、東洋、國學院、聖心、フェリス、学習院女子 龍谷、甲南、京都産業、近畿、京都女子、神戸女学院
50〜55
レベル0 宮崎、高知、琉球、前橋工科、高知工科、佐賀、奈良県立、室蘭工業、群馬県立女子、福岡女子 東海、多摩川、亜細亜、桜美林、立正、帝京、拓殖、国士舘、関東学院、昭和女子、共立女子、東洋英和、大妻、実践、清泉、相模女子、白百合、東京家政、文化女子 摂南、神戸学院、佛教、大阪経済、桃山学院、追手門
〜50



上記の表は過去の記事から引用
大学ランク [国公立、私立(関東)、私立(関西)総合版]






関連記事










[ 2014年05月19日 10:00 ] カテゴリ:理解しやすい数学 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

英文多読はKindleで♬
スポンサードリンク
Googleでサイト内を検索
シェアする
カテゴリ
人気ページランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。