FC2ブログ
個別指導講師の学習教材レビュー TOP  >  スポンサー広告 >  高校数学(参考書)  >  Focus Gold >  Focus Gold 数学Ⅲ 新課程用
お知らせ
<2016年 3月12日 更新>
かなり久しぶりの更新です。 2015年度の指導も終わったのでここで2016年度の生徒の募集をしたいと思います。 募集の対象は全国の中学生、高校生です。 募集要項や私の指導例などの詳細はこちらのページへどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Focus Gold 数学Ⅲ 新課程用



レベル3以上の上位校、特にレベル5以上を目指す人にはこのテキストをお勧めします。青チャートよりも扱うのが難しいので、志望校がレベル2以下の場合はおすすめできません。学校基本(レベル0以下)から入試最高レベル(レベル5)までの問題が載っていて、その解説もしっかりしています。ただし、学校基本レベルの問題はクリアした上で使うほうがいいでしょう。

内容をまとめておきます。上から順に読んでいくと本書についてより理解が深まりますが、めんどくさいという方はお好きなところから目を通してもらって構いません。本文で使用されている”入試レベル”や”大学レベル”は同じものを指しますが、これについては最後の項目”テキスト問題難易度ー大学ランク 対応表”を参照してください。

目次
構成
問題
解答
総評
使い方
テキスト問題難易度ー大学ランク 対応表






<目次>

この問題集は問題冊子と別冊解答に分かれています。巻頭に目次がありますが、章のタイトルと節のタイトルくらいしか載っていないのでこの部分はそこまで使えません。ただ、コラム一覧は詳細タイトルがあるのでわかりやすいです。

FocusGold3 目次
FocusGold3 目次_0001
FocusGold3 目次_0002


目次以外に例題のタイトル一覧があり、こちらの方が使えます。学習したい問題パターンはここで探すといいでしょう。

FocusGold3 例題タイトル一覧
FocusGold3 例題タイトル一覧_0001
FocusGold3 例題タイトル一覧_0002
FocusGold3 例題タイトル一覧_0003
FocusGold3 例題タイトル一覧_0004





<構成>

本書はチャートなどの網羅型参考書よりも複雑な構成をしています。まず全体は大きく分けて、「マスター編」「チャレンジ編」「実践編」に分かれています。マスター編の問題は「Check」「例題」「Step Up」「章末問題」「章末問題」に分かれています。チャレンジ編の問題は「Level up 問題」と「演習問題」に分かれています。実践編はマスター編やチャレンジ編で学習した内容をさらに深く掘り下げた内容や発展させた内容です。

本書の構成

本書の作成意図や構成について書いてあります。本書の構成はやや複雑なので、各項目がどのような意図や目的で設定されているのかをよく読んでおくことをお勧めします。

FocusGold3 本書の構成
FocusGold3 本書の構成_0001


参考書の使い方

この部分も、本書の特徴をより理解できるので”本書の構成”と合わせて読んでおくといいでしょう。

FocusGold3 参考書の使い方
FocusGold3 参考書の使い方_0001
FocusGold3 参考書の使い方_0002
FocusGold3 参考書の使い方_0003





<問題>

前述の通りですが、マスター編の問題は「Check」「例題」「Step Up」「章末問題」「章末問題」に分かれています。チャレンジ編の問題は「Level up 問題」と「演習問題」に分かれています。


マスター編

マスター編の先頭にはマスター編の使い方が書いてあるので、ここも読んでおくと使い方の参考になります。
FocusGold3 マスター編の使い方
FocusGold3 マスター編の使い方_0001


本来はこのマスター編の使い方の次に例題のタイトル一覧があります。


章頭
各章の先頭には例題のタイプと難易度が表示されています。前述の使い方の通りに使う場合はここを参考にしましょう。

FocusGold3 問題


まとめ
各章の初めにはその章の知識が基本事項としてまとまっています。

FocusGold3 問題基本事項まとめ1
FocusGold3 問題基本事項まとめ2
FocusGold3 問題基本事項まとめ3


Check
各章の節の最初にはその節の基本問題が少しだけ載っています。どれも教科書基礎レベルの問題なのでパッと見で平気そうなら飛ばしても構わないでしょう。

FocusGold3 問題check


例題
Checkの後は例題が載っています。例題の難易度は*印で4段階に分かれています。*1つで教科書レベル〜レベル0ないし1の入試レベルに相当します。*2つの問題は入試レベル1〜2、*3つの問題は入試レベル2〜3、*4つは入試レベル3〜4に相当します。これらはあくまでも目安です。

FocusGold3 問題例題
FocusGold3 問題例題_0001
FocusGold3 問題例題_0002


Step Up
各節末にはその節の総合演習問題が載っています。難易度は各例題と同じか少し難しいくらいです。問題番号のすぐ下には対応した例題のページが載っているので、類題の復習に便利です。

FocusGold3 問題stepup
FocusGold3 問題stepup_0001


章末問題
各章末にはその章の総合演習問題が載っています。難易度は*3〜4つと同じか少し難しいくらいです。問題番号のすぐ下には対応した例題のページが載っているので、類題の復習に便利です。

FocusGold3 章末問題


Column
マスター編のところどころには数学的理解を深めたり、広げたりする内容が掲載されています。余裕がある人は内容に合わせて式や図を描きながら目を通してみるといいでしょう。

FocusGold3 column



チャレンジ編

マスター編のあとにはチャレンジ編があります。ここはマスター編で学習した内容に合わせた入試問題である「Level Up 問題」と「演習問題」で構成されています。問題は入試傾向に合わせた重要な問題を中心に入試レベル3以上のものばかりです。

Level Up 問題
FocusGold3 チャレンジ編最初
FocusGold3 チャレンジ編levelup問題
FocusGold3 チャレンジ編levelup問題_0001

Level Up 問題の解説
Level Up 問題の次にはすぐその解説があります。マスター編の解答は別冊になっていますが、チャレンジ編はこのような構成になっています。

FocusGold3 チャレンジ編levelup解説
FocusGold3 チャレンジ編levelup解説_0001


演習問題
Level Up 問題の類題を含めた入試問題で構成されています。難易度は主に入試レベル3以上のもので構成されています。ただ、なぜかこの演習問題の解答は別冊解答に載っています。このあたりがこの教材の扱いにくいところです。

FocusGold3 チャレンジ編演習問題
FocusGold3 チャレンジ編演習問題_0001



これでチャレンジ編は終わりです。



実践編
チャレンジ編の後にはさらなる難問で構成されている実践編があります。実践編はマスター編、チャレンジ編の内容で特に重要な部分を取り出したもので、問題を解くというよりは読み物に近いかもしれません。手を動かしながら読み進め、理解できたら解説部分を隠して解いてみると良いでしょう。

FocusGold3 実践編最初
FocusGold3 実践編問題_0001
FocusGold3 実践編問題_0002
FocusGold3 実践編問題_0003
FocusGold3 実践編問題_0004


実践編は終始このように進んでいきます。


巻末特集・行列
実践編の後には、巻末特集として、”行列”が載っています。行列は旧過程の内容で新課程にはありませんが、大学では扱います。恐らく大学入学後に基礎から学習することになる単元で、新課程での大学入試問題としては出題可能性は低いでしょう。数学の旧過程と新課程の違いについてはこちらを参照してください。

FocusGold3 巻末特集
FocusGold3 巻末特集_0001
FocusGold3 巻末特集_0002
FocusGold3 巻末特集_0003


これで本編は終わりです。





<解答>

解答は、巻末にある略解と別冊解答の2つがあります。すでに述べた通り、チャレンジ編の「Level Up 問題」の解説と実践編の解説は本体に載っています。

略解

FocusGold3 略解


別冊解答

FocusGold3 解答check
FocusGold3 解答stepup
FocusGold3 解答練習
FocusGold3 解答練習_0001
FocusGold3 解答章末問題
FocusGold3 解答章末問題_0001
FocusGold3 解答演習問題
FocusGold3 解答演習問題_0001





<総評>



テキスト名(出版社、著者) Focus Gold 数学Ⅲ 新課程(啓林館、同)
タイプ 参考書(網羅型+)
値段 2143円+税
サイズ、刷 A5、2013年発行
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 1538頁(837頁、657頁)
問題量 ★★★★★
問題の難易度 ★★★★★
問題の解答 ★★★★★
数学的理解が深まる内容 ★★★★★
扱う難易度 ★★★★★
問題数 マスター編:Check=71題、例題=306題、練習=306題、Step Up=265題、章末=35題
チャレンジ編:Level up=23題、演習問題=51題  実践編:マスター=70題 巻末特集=12題
マスター編+チャレンジ編+実践編=1139題
1周目にかかる時間の目安 マスター編:Check=17.75h、例題=76.5h、練習=76.5h、Step Up=132.5h、章末=35h
チャレンジ編:Level up=23h、演習問題=51h  実践編:マスター=70h 巻末特集=12h
マスター編+チャレンジ編+実践編=494.25h(165日)
問題数÷頁数= 0.741
おすすめレベル 文:レベル4〜5、理:レベル4〜5




問題の難易度や構成についてはすでに書いたので省略します。問題数が非常に多く構成や問題の難易度を考えると、入試レベル4〜5が適していると言えます。文系についてもオススメレベルを書いてありますが、文系の場合、本書は必要ないかもしれません。





<使い方>

学校対応
入試対策問題集なので学校対応には向きませんが、早慶当たり前、東大京大合格者が毎年何人もいる、みたいな学校だったら使ってもいいかもしれません。


志望校レベル0〜1
このレベルの大学を目指す人には向きません。


志望校レベル2〜3
このレベルの大学を目指す人にはあまり向きません。青チャートなどもう少し簡単な参考書を使うのをお勧めします。


志望校レベル4〜5
このレベルに適しています。マスター編→チャレンジ編→実践編と順に進んで行くのがいいでしょう。本書を全てクリアするのにはかなりの時間が必要なので、数ⅠA、数ⅡBと合わせてやるなら時間に余裕を持って取り組むようにしましょう。初習の場合、数ⅠA、数ⅡB、数Ⅲを全てクリアするのに、順調に進められたとしても12〜15ヶ月くらいは見ておいたほうがいいでしょう。





<テキスト問題難易度ー大学ランク 対応表>

当ブログのテキストレビューはこれを基準にしていますが、この表は絶対的なものではなくあくまでも一つの目安だと考えてください。





レベル(偏差値) 国公立 私立(関東) 私立(関西)
レベル5 東京、京都
70〜
レベル4 北海道、一橋、東京工業、大阪、東北、名古屋、お茶の水女子、筑波、横浜国立、東京外語、九州、神戸 早稲田、慶應義塾
60後半
レベル3 首都大東京、千葉、広島、大阪市立、名古屋市立、東京農工、国際教養、岡山、金沢、電気通信 国際基督教、中央(法)、東京理科、上智、津田塾(学芸) 同志社、立命館、同志社女子(文)
60〜65
レベル2 大阪府立、熊本、名古屋工業、奈良女子、新潟、静岡、京都府立、神戸市外語大、滋賀、埼玉、岐阜、横浜市立、三重、東京学芸、信州 立教、明治、青山学院、中央(法以外)、法政、学習院、津田塾(学芸以外)、日本女子、東京女子 関西、関西学院、同志社、立命館
55〜60
レベル1 長崎、山形、鹿児島、群馬、弘前、宇都宮、山梨、和歌山、岩手、富山、香川、愛媛、徳島、山口、秋田、福島、福井、大分、鳥取、茨城、島根、高知女子 明治学院、成蹊、成城、芝浦工業、日大、駒澤、専修、東洋、國學院、聖心、フェリス、学習院女子 龍谷、甲南、京都産業、近畿、京都女子、神戸女学院
50〜55
レベル0 宮崎、高知、琉球、前橋工科、高知工科、佐賀、奈良県立、室蘭工業、群馬県立女子、福岡女子 神奈川、東海、多摩川、亜細亜、桜美林、立正、帝京、拓殖、国士舘、関東学院、昭和女子、共立女子、東洋英和、大妻、実践、清泉、相模女子、白百合、東京家政、文化女子 摂南、神戸学院、佛教、大阪経済、桃山学院、追手門
〜50





上記の表は過去の記事から引用
大学ランク [国公立、私立(関東)、私立(関西)総合版]
関連記事










[ 2014年05月24日 05:00 ] カテゴリ:Focus Gold | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

英文多読はKindleで♬
スポンサードリンク
Googleでサイト内を検索
シェアする
カテゴリ
人気ページランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。