FC2ブログ
個別指導講師の学習教材レビュー TOP  >  スポンサー広告 >  高校数学(演習用)  >  合格る計算 >  合格る計算(うかる計算) 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B
お知らせ
<2016年 3月12日 更新>
かなり久しぶりの更新です。 2015年度の指導も終わったのでここで2016年度の生徒の募集をしたいと思います。 募集の対象は全国の中学生、高校生です。 募集要項や私の指導例などの詳細はこちらのページへどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

合格る計算(うかる計算) 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B



チャート式などの網羅型参考書やプラチカなどの思考力養成のための入試対策問題集は数多く存在しますが、この教材は計算に焦点を当てた数少ない教材です。計算は数学の基本であり、応用問題を理解し解くために必要なスキルです。また、計算力を上げることは、得点力を安定・向上させるためにも有効です。この教材は、数ⅠA2Bの各単元の計算力を上げるために役立ちます。どの入試レベルに適しているのか、どのように使えばいいのか、などの詳細情報は続きをどうぞ。

内容をまとめておきます。上から順に読んでいくと本書についてより理解が深まりますが、めんどくさいという方はお好きなところから目を通してもらって構いません。本文で使用されている”入試レベル”や”大学レベル”は同じものを指しますが、これについては最後の項目”テキスト問題難易度ー大学ランク 対応表”を参照してください。

目次
構成
問題
解答
総評
使い方
テキスト問題難易度ー大学ランク 対応表






<目次>

本書は青チャートなどのいわゆる参考書とは違い、数ⅠA2Bの各単元で計算力がポイントになるところを中心に構成されています。それは目次にも表れています。

合格る計算1A2B 目次
合格る計算1A2B 目次_0001





<構成>

本書の主な構成は非常にシンプルで、とにかく計算力を上げる技術が紹介されているのですが、細かい部分がごちゃごちゃしていて見にくい、使いづらいと感じる人もいるでしょう。私は本書の体裁にちょっと抵抗があります。


はじめに、構成と記号
”はじめに”は本書の目的・意図について書かれています。ここを読んだだけでもわかるのですが、本書は比較的上位の大学入試向けに作られたものです。具体的に言えば、レベル2以上の入試を前提にしてあるものと思ってください。上位になればなるほど計算力が問われるのでそういう意味では正しいですし、計算力が重要というのは確かです。

”構成と記号”では本書の構成とそれに関わる記号の意味について説明されています。私は本書の体裁が見にくい
と言いましたが、その理由のひとつはこの記号です。いろいろなアイコンでポイントを強調してありますが、それがかえって全体の構成をわかりづらくさせているように感じます。

合格る計算1A2B はじめに
合格る計算1A2B 構成と記号
合格る計算1A2B 構成と記号_0001



本書の紹介編、使い方編
本書の特徴や使い方について、生徒と講師の対話形式で書かれていますが、特筆すべきことは書いてありませんので一部の画像を載せておきます。

合格る計算1A2B 本書の紹介
合格る計算1A2B 本書の使い方





<問題>

本書の場合、掲載されている問題の難易度を、他の参考書や問題集と同じように入試レベルで分類するのはあまり意味がないのでしません。あえて言うなら、入試レベル0くらいの場合、本書に掲載されている計算問題がそのまま出題されてもおかしくありません。ただ、そうだとしても本書はやはりレベル2以上向けだということは強調しておきます。理由は総評で。

合格る計算1A2B 問題
合格る計算1A2B 問題_0001
合格る計算1A2B 問題_0002
合格る計算1A2B 問題_0003
合格る計算1A2B 問題_0004





<解答>

類題の解答は別冊になっています。解説はしっかりしているので、途中式が省略されすぎてわからない、なんてことはほとんどないでしょう。そう感じた人はそれ以前のレベルなので教科書からやり直したほうがいいです。

合格る計算1A2B 解答
合格る計算1A2B 解答_0001





<総評>



テキスト名(出版社、著者) 合格る計算 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B(文英堂、広瀬和之)
タイプ 参考書
値段 1100円+税
サイズ、刷 A5、2014年発行
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 301頁(176頁、102頁)
問題量 ★☆☆☆☆
問題の難易度 ★★☆☆☆
問題の解答 ★★★★★
数学的理解が深まる内容 ★★☆☆☆
扱う難易度 ★★★★☆
問題数 例題=89題、類題=89題、計=176題
1周目にかかる時間の目安 例題=44.5、類題=44.5h、計=89h(30日)
問題数÷頁数= 0.585
おすすめレベル 文:レベル3〜5、理:レベル3〜5




まず最初に言っておくべきは、本書は入試レベル2以上を目指す場合に使ったほうがいいということ。レベル1以下ではあまり必要ないです。ただし使い方にもよります。

問題数は例題が89題で、それに対応した類題が89題なのでそこまで多くないです(ここでいう問題数は小問の数ではないことに注意)。一通り数Bまでの学習を終えている人なら、やろうと思えば1週間で終わります。これについても詳細は使い方で説明します。





<使い方>

基本的な使い方
本書は大きく分けて2通りの使い方が考えられます。ひとつは本書だけを一気に通して勉強する方法、もう一つは学校や塾・予備校などの受験勉強に合わせて補足的に使っていく方法です。既に一通り数Bまでの学習が終わっている高3生などの場合は、まず1〜2週間で一気にやってしまいそのあとは適宜、補足として使っていくのがベストです。

学校対応
一概には言えませんが、生徒のほぼ全員が大学進学し、進学先としてMARCH以上が7〜8割以上を占める、ような学校ないしそれ以上の学校なら学校の授業に合わせて使うといいでしょう。他の言い方でいうと、教科書傍用問題集でサクシードや4STEPあたりを使っている学校なら、授業に合わせて使ってもいいでしょう。逆に、授業で教科書や3TRIALを使っているレベルなら必要ないと思います。教科書傍用問題集についてはこちらを参照してください。

志望校レベル0〜1
問題の難易度が高いのでこのレベルの大学を目指す人には向きません。レベル0の場合そもそも本書レベルの計算力が必要ない場合も多いです。また、このレベルを志望レベルとする生徒の学力では本書を扱うのが難しい場合もあるでしょう。レベル1の場合、本書を使用開始時点で高校1年生や2年生の夏前までの人は時間に余裕があるので使ってもいいかもしれません。

志望校レベル2〜5
本書はレベル2以上に適しています。特にレベル3以上では、精度・スピード・テクニックなど総合的な計算力が必要になってくるので本書はオススメです。その場合でも本書に時間を割くのはあまり得策ではないので、本書はあくまでも補足的な使い方をしたほうがいいでしょう。ただし、上記の通り、時間に余裕がある場合は例題です。各単元でまずは計算力を高めたほうがそのあとの学習効果が高いのは間違いないです。


計算力の重要性、日常・受験勉強の仕方、などについてはこちらも参考になります。





テキスト問題難易度ー大学ランク 対応表

当ブログのテキストレビューはこれを基準にしていますが、この表は絶対的なものではなくあくまでも一つの目安だと考えてください。





レベル(偏差値) 国公立 私立(関東) 私立(関西)
レベル5 東京、京都
70〜
レベル4 北海道、一橋、東京工業、大阪、東北、名古屋、お茶の水女子、筑波、横浜国立、東京外語、九州、神戸 早稲田、慶應義塾
60後半
レベル3 首都大東京、千葉、広島、大阪市立、名古屋市立、東京農工、国際教養、岡山、金沢、電気通信 国際基督教、中央(法)、東京理科、上智、津田塾(学芸) 同志社、立命館、同志社女子(文)
60〜65
レベル2 大阪府立、熊本、名古屋工業、奈良女子、新潟、静岡、京都府立、神戸市外語大、滋賀、埼玉、岐阜、横浜市立、三重、東京学芸、信州 立教、明治、青山学院、中央(法以外)、法政、学習院、津田塾(学芸以外)、日本女子、東京女子 関西、関西学院、同志社、立命館
55〜60
レベル1 長崎、山形、鹿児島、群馬、弘前、宇都宮、山梨、和歌山、岩手、富山、香川、愛媛、徳島、山口、秋田、福島、福井、大分、鳥取、茨城、島根、高知女子 明治学院、成蹊、成城、芝浦工業、日大、駒澤、専修、東洋、國學院、聖心、フェリス、学習院女子 龍谷、甲南、京都産業、近畿、京都女子、神戸女学院
50〜55
レベル0 宮崎、高知、琉球、前橋工科、高知工科、佐賀、奈良県立、室蘭工業、群馬県立女子、福岡女子 神奈川、東海、多摩川、亜細亜、桜美林、立正、帝京、拓殖、国士舘、関東学院、昭和女子、共立女子、東洋英和、大妻、実践、清泉、相模女子、白百合、東京家政、文化女子 摂南、神戸学院、佛教、大阪経済、桃山学院、追手門
〜50





上記の表は過去の記事から引用
大学ランク [国公立、私立(関東)、私立(関西)総合版]









[ 2014年05月30日 05:00 ] カテゴリ:合格る計算 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

英文多読はKindleで♬
スポンサードリンク
Googleでサイト内を検索
シェアする
カテゴリ
人気ページランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。