FC2ブログ
個別指導講師の学習教材レビュー TOP  >  スポンサー広告 >  高校数学(演習用)  >  基礎力判定問題集 >  基礎力判定問題集 数学Ⅰ・A 新課程版
お知らせ
<2016年 3月12日 更新>
かなり久しぶりの更新です。 2015年度の指導も終わったのでここで2016年度の生徒の募集をしたいと思います。 募集の対象は全国の中学生、高校生です。 募集要項や私の指導例などの詳細はこちらのページへどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

基礎力判定問題集 数学Ⅰ・A 新課程版



各ページは問題のみで構成されていて、ヒントなしで演習できるようになっています。これが最大の利点で、「トレーニングノートα 数学Ⅰ 新課程版」との大きな違いです。基礎力判定問題集は受験用、トレーニングノートαは学校及び受験の類題演習用、として考えておくといいと思います。

学校基礎から入試レベル1までをひと通り演習できる問題集です。文系、理系のどちらでも使うことができるような問題構成です。一般的な公立高校の学校対応用には使えないでしょう。問題数が少ない、問題の難易度とその幅がちょうど良い、解答がしっかりしている、ことから考えて数学的理解が深まる内容は★0、扱う難易度は★1つ、おすすめレベルは、文:レベル0〜1、理:レベル0〜1、としました。

目次

数学Ⅰ
第1章 数と式
第2章 集合と論理
第3章 2次関数
第4章 図形と計量
第5章 データの分析

数学A
第6章 場合の数と確率
第7章 図形の性質
第8章 整数の性質




以下がテキストのレビューです。

テキスト名(出版社、著者) 大学入試 基礎力判定問題集 数学Ⅰ・A 新課程版(学研、同)
タイプ 入試対策問題集
値段 680円+税
サイズ、刷 B5、2012年発行
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 134頁(78頁、51頁)
問題量 ★☆☆☆☆
問題の難易度 ★★☆☆☆
問題の解答 ★★★★★
数学的理解が深まる内容 ☆☆☆☆☆
扱う難易度 ★☆☆☆☆
問題数 基本問題=112題、応用問題=96題、計=208題
1周目にかかる時間の目安 基本問題=28h、応用問題=48h、計=76h(26日)
問題数÷頁数= 1.552
おすすめレベル 文:レベル0〜1、理:レベル0〜1


おすすめレベルについては下部にある「テキスト問題難易度ー大学ランク 対応表」を参照してください。

表の見方を含めて教材レビューの見方、特に1周目にかかる時間の目安についてはこちらを参照 → 教材レビューの見方








構成
主に「基本問題」「応用問題」「別冊解答」から成っています。指導要領と同じ項目毎に章が分けられています。各章は「基本問題」と「応用問題」の2段階の構成で、各問題には書き込むためのスペースが設けられています。また、応用問題には、得点に応じた偏差値が自己採点によってわかる「実力判定スケール」があります。



基本問題
学校教科書基本レベル〜入試レベル0の問題がほとんどですが、教科書基本〜標準レベルの問題は少なめです。1ページに4題が記載されていてます。各ページは問題のみで構成されていて、ヒントなしで演習できるようになっています。



応用問題
入試レベル0〜1の問題が中心です。1ページに2題が記載されていてます。数Ⅰ・Aの範囲を超えるものには「発展」が記載されています。また、得点に応じた偏差値が自己採点によってわかる「実力判定スケール」があります。各ページは問題のみで構成されていて、ヒントなしで演習できるようになっています。



解答
途中式や図などを含めて、記述回答の見本となるような解答になっています。欄外での解説はありません。また、「途中点」が表示されているので「自己採点」→「実力判定スケール」を用いた実力判定ができるようになっています。








数学的理解が深まる内容
これについては「問題」と「解答」自体がその役割を果たしていると言えます。








扱う難易度
問題数は少なめで、問題選定をしやすくする工夫も少しなされています。また、解答がしっかりしているので難易度はそこまで高くないです。








総評

各ページは問題のみで構成されていて、ヒントなしで演習できるようになっています。これが最大の利点で、「トレーニングノートα 数学Ⅰ 新課程版」との大きな違いです。基礎力判定問題集は受験用、トレーニングノートαは学校及び受験の類題演習用、として考えておくといいと思います。

学校基礎から入試レベル1までをひと通り演習できる問題集です。文系、理系のどちらでも使うことができるような問題構成です。一般的な公立高校の学校対応用には使えないでしょう。問題数が少ない、問題の難易度とその幅がちょうど良い、解答がしっかりしている、ことから考えて数学的理解が深まる内容は★0、扱う難易度は★1つ、おすすめレベルは、文:レベル0〜1、理:レベル0〜1、としました。

学研の模試データに基づいた「実力判定スケール」、解答には途中点の記載がありますが、あまり使い勝手が良いものではないです。私はほとんど使いません。それよりも、一つ一つの設問を理解したか、きっちり解けたかを重視した方がいいでしょう。また、各問題のすぐ下が大きく空白になっている、書き込み式の問題集ですが、書き込まずに使った方がいいです(当然ですね)。

数Ⅲ版は出版されていないようです。また、この問題集の上位版として「実戦力判定問題集」があります。レビューはこちらからどうぞ。実戦力判定問題集 数学Ⅰ・A 新課程版







使い方の例

学校対応
学校対応にはあまり向きません。使うとしても基本問題を中心として使ったりと、かなり限定的な使い方となります。


志望校:レベル0〜1
このレベルに適した問題集といえます。参考書でレベル0〜1の問題の学習を終えた後に、この問題集で学習するといいでしょう。各章ごとに、まずは「基本問題」で小手調べ、そのあとに「応用問題」で実力をチェックするといいでしょう。基本問題と応用問題をあわせて、200題以上ありますが、参考書の学習をしっかり行っていれば、2〜3週間もあれば楽に終わるでしょう。この問題集での学習が終わったら、過去問に移るといいでしょう。このレベルの場合、最終的な目標は、基本問題100%、応用問題90%以上、を解けるようにすることです。


志望校:レベル2〜3
このレベルには少し物足りない問題集です。レベル2〜3の入試対策問題集での学習に入る前に、基礎固めとして使うと良いでしょう。参考書でレベル3までの問題の学習を終えた後に、この問題集で学習するといいでしょう。各章ごとに、まずは「基本問題」で小手調べ、そのあとに「応用問題」で実力をチェックするといいでしょう。基本問題と応用問題をあわせて、200題以上ありますが、参考書の学習をしっかり行っていれば、2〜3週間もあれば楽に終わるでしょう。その後に、この問題集の上位版「実戦力判定問題集」に移るといいと思います。このレベルの場合、最終的な目標は、基本問題100%、応用問題95%以上、を解けるようにすることです。


志望校:レベル4〜5
このレベルには適さない問題集です。どちらかと言えば、上位版の「実戦力判定問題集」を使った方がまだいいでしょう。もしこの問題集を使うとしたら、参考書での学習で理解しにくいところや弱点部分の補強演習として、問題選定をしながら使うと良いでしょう。このレベルの場合、最終的な目標は、基本問題100%、応用問題100%以上、を解けるようにすることです。

















テキスト問題難易度ー大学ランク 対応表

当ブログのテキストレビューはこれを基準にしていますが、この表は絶対的なものではなくあくまでも一つの目安だと考えてください。

レベル(偏差値) 国公立 私立(関東) 私立(関西)
レベル5 東京、京都
70〜
レベル4 北海道、一橋、東京工業、大阪、東北、名古屋、お茶の水女子、筑波、横浜国立、東京外語、九州、神戸 早稲田、慶應義塾
60後半
レベル3 首都大東京、千葉、広島、大阪市立、名古屋市立、東京農工、国際教養、岡山、金沢、電気通信 国際基督教、中央(法)、東京理科、上智、津田塾(学芸) 同志社、立命館、同志社女子(文)
60〜65
レベル2 大阪府立、熊本、名古屋工業、奈良女子、新潟、静岡、京都府立、神戸市外語大、滋賀、埼玉、岐阜、横浜市立、三重、東京学芸、信州 立教、明治、青山学院、中央(法以外)、法政、学習院、津田塾(学芸以外)、日本女子、東京女子 関西、関西学院、同志社、立命館
55〜60
レベル1 長崎、山形、鹿児島、群馬、弘前、宇都宮、山梨、和歌山、岩手、富山、香川、愛媛、徳島、山口、秋田、福島、福井、大分、鳥取、茨城、島根、高知女子 明治学院、成蹊、成城、芝浦工業、日大、駒澤、専修、東洋、國學院、聖心、フェリス、学習院女子 龍谷、甲南、京都産業、近畿、京都女子、神戸女学院
50〜55
レベル0 宮崎、高知、琉球、前橋工科、高知工科、佐賀、奈良県立、室蘭工業、群馬県立女子、福岡女子 東海、多摩川、亜細亜、桜美林、立正、帝京、拓殖、国士舘、関東学院、昭和女子、共立女子、東洋英和、大妻、実践、清泉、相模女子、白百合、東京家政、文化女子 摂南、神戸学院、佛教、大阪経済、桃山学院、追手門
〜50



上記の表は過去の記事から引用
大学ランク [国公立、私立(関東)、私立(関西)総合版]






関連記事










[ 2014年05月31日 05:00 ] カテゴリ:基礎力判定問題集 | TB(0) | CM(4)
Re: Re2: 基礎力判定?など
> お答えありがとうございます。
>
> お断りいたしますが、独学での基準です。
> 指導者は存在致しません。
>
> 1につきまして.「解説を読んで理解できればOK」はわかりますが、弱点や苦手分野を探すのに教科書例題レベルの問題集を買いたいと思っております。
>
> 2.最新版のシグマベスト数1Aは持っています。
> おっしゃる通り百聞は一見にしかずのごとく、本屋さんに行ってチェックし、これを買いました。立ち読みチェックだと全部がわかるわけではありませんから、とりあえず実際に買って一回通してやってみようという事で。
> なお、教科書を売っている所が近くになく入手が困難な事から、教科書代わりに買ったのですが、「理解できる分野とできない分野があり」、もっと詳しい解説をと、公式や定理が載っているいわゆる公式集も買いました。
> なお、調べておりますと教科書にも難易度があるようで、下位公立学科や不謹慎で申し訳ありませんが名前さえ書けばウカるような私立の学科で使用されているような教科書のレベルで、教科書代わりの網羅系参考書があればありがたいのですが、シグマベストはそのレベルよりも難しいのでしょうか?教科書が入手困難ですので、教科書例題がどういった内容の物かはわからないです。
>
> 3につきまして.センターレベル平均とありますが、難しい問題ですと国立中堅(レベル3)を目指すための参考書もやらなくても大丈夫でしょうか?
>
> 補足につきまして
> 中学レベルの確認には1、のような中学生向けの問題集が良いと思いますが、どういった物が良いでしょうか?
> 中学全範囲カバー品で、公立入試対策向けと教科書内容復習向けでは難易度が違うと思われます。


教科書例題レベルの問題集について、すでにお持ちのシグマベストをまずはやってみることをオススメします。シグマベストはお書きになられた私立の学校の教科書レベルの問題とほぼ同じと考えてもらっていいと思います。国立中堅を目指していこうとお考えであればまずは白チャあたりを参考書代わりに使うのが良いと思いますが、少し足りない部分があると思います。特に理系は。白チャをマスターしたあとで入試対策用の問題集でトレーニングすると良いと思います。

教科書の難易度の違いですが、基本部分はそこまで変わず、係数などでの難易度の差があったり応用問題の充実度が異なるだけのようです。基本的には指導要領に沿って作られるので基本の部分から大きな差があることは無いはずです。学校の授業の進め方は大きく異なりますが。

中学内容の復習をするのであれば教科書ワークが良いと思います。これは各教科書に対応した問題集です。問題演習のデータが入ったCDがついているので良い感じです。高校数学への連結をするのであれば、入試対策用の教材よりもこちらのほうが良いです。ただ、全学年のものが一冊になってるものはなかったような気がするので学年毎のを購入する必要があります。

数学は前の学年の内容がある程度身についていないと先に進むのが難しいので、あせらずに復習することをオススメします。
[ 2016/05/15 02:01 ] [ 編集 ]
Re2: 基礎力判定?など
お答えありがとうございます。

お断りいたしますが、独学での基準です。
指導者は存在致しません。

1につきまして.「解説を読んで理解できればOK」はわかりますが、弱点や苦手分野を探すのに教科書例題レベルの問題集を買いたいと思っております。

2.最新版のシグマベスト数1Aは持っています。
おっしゃる通り百聞は一見にしかずのごとく、本屋さんに行ってチェックし、これを買いました。立ち読みチェックだと全部がわかるわけではありませんから、とりあえず実際に買って一回通してやってみようという事で。
なお、教科書を売っている所が近くになく入手が困難な事から、教科書代わりに買ったのですが、「理解できる分野とできない分野があり」、もっと詳しい解説をと、公式や定理が載っているいわゆる公式集も買いました。
なお、調べておりますと教科書にも難易度があるようで、下位公立学科や不謹慎で申し訳ありませんが名前さえ書けばウカるような私立の学科で使用されているような教科書のレベルで、教科書代わりの網羅系参考書があればありがたいのですが、シグマベストはそのレベルよりも難しいのでしょうか?教科書が入手困難ですので、教科書例題がどういった内容の物かはわからないです。

3につきまして.センターレベル平均とありますが、難しい問題ですと国立中堅(レベル3)を目指すための参考書もやらなくても大丈夫でしょうか?

補足につきまして
中学レベルの確認には1、のような中学生向けの問題集が良いと思いますが、どういった物が良いでしょうか?
中学全範囲カバー品で、公立入試対策向けと教科書内容復習向けでは難易度が違うと思われます。
[ 2016/05/14 23:38 ] [ 編集 ]
Re: 基礎力判定?など
> はじめまして。
>
> 1.基礎力判定とありますが、この問題集の点数や理解度次第では中学レベルに戻った方が良いと判定できますか?判定する場合は何パーセント未満でしょうか?
> また、同じ学研から出ている基礎力徹底ドリルは基礎力判定と比べてどうでしょうか?
>
> 2.シグマベストのこれでわかるシリーズはレベル0でしょうか?
> これよりも難易度が低い網羅解説系は無いのでしょうか?
>
> 3.センター試験は年度によって難易度が上下しますが、難しいレベルの問題対応はレベル2でしょうか?


ご質問ありがとうございます。
質問者がご自身の勉強で使う事を前提としてお答えします。

1について
判定の基準は正答率よりも、解説を読んで理解できる割合やスピードで考えたほうがいいと思います。仮に正答率が0%であっても解説を読んでしっかり理解し、次の日や1週間後でもしっかり解けるようであれば問題ないでしょう。逆に解説を読んでも理解できない、理解するのにかなりの時間を要する場合は中学内容での不足部分があると考えるのが妥当です。

2について
はい、レベル0と考えていただいて結構です。残念ながら、私の知る限りこれよりも難易度が低い網羅系はありません。質問1にもつながることですが、このテキストで理解できないようであれば中学内容での不足があると考えられます。

3について
はい、平均すればそのくらいだと考えていただいて結構です。ただ、問題の性質が異なるので一概に同じレベルと言えないのも確かです。センター試験は制限時間に対して問題が多いことや、誘導に乗って解いていくことが求められます。使う知識としてはそのレベルであるという意味合いで考えていただければと思います。

補足
自分が使うテキストを迷っているのであれば、まずは本屋で手に取り問題を見てわからない問題の解説をよく読んでみることをオススメします。それですぐに「なるほど」と思うくらいのテキストがおおよそ適しているはずです。学年を遡るべきかも同様に、中学内容のテキストを手にとって同じことをすれば判断できます。
[ 2016/05/13 20:48 ] [ 編集 ]
基礎力判定?など
はじめまして。

1.基礎力判定とありますが、この問題集の点数や理解度次第では中学レベルに戻った方が良いと判定できますか?判定する場合は何パーセント未満でしょうか?
また、同じ学研から出ている基礎力徹底ドリルは基礎力判定と比べてどうでしょうか?

2.シグマベストのこれでわかるシリーズはレベル0でしょうか?
これよりも難易度が低い網羅解説系は無いのでしょうか?

3.センター試験は年度によって難易度が上下しますが、難しいレベルの問題対応はレベル2でしょうか?
[ 2016/05/13 19:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

英文多読はKindleで♬
スポンサードリンク
Googleでサイト内を検索
シェアする
カテゴリ
人気ページランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。