FC2ブログ
個別指導講師の学習教材レビュー TOP  >  スポンサー広告 >  教材まとめ(高校数学) >  入試対策問題集(高校数学)まとめ
お知らせ
<2016年 3月12日 更新>
かなり久しぶりの更新です。 2015年度の指導も終わったのでここで2016年度の生徒の募集をしたいと思います。 募集の対象は全国の中学生、高校生です。 募集要項や私の指導例などの詳細はこちらのページへどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

入試対策問題集(高校数学)まとめ

いままでに当ブログで紹介した入試対策問題集(高校数学)のまとめです。細かいレビューではなく、「表」を中心とし、他の入試対策問題集との比較をしやすくしました。おすすめレベルや、1周目にかかる時間の目安、問題数、扱う難易度、などを比較し、自分(生徒)にあったものを選ぶための参考になればと思います。同じシリーズのテキストのレビューの詳細は、表の内容以外はほぼ同じなので見なくてもいいと思います。



ここでいう入試対策問題集とは、良問プラチカのように「問題」だけが各章・項目毎にまとまっているような構成のテキストを指します。

「表」の見方の詳細についてはこちら → 教材レビューの見方




<ハイレベル 精選問題演習 数学Ⅰ+A+Ⅱ+B>



テキスト名(出版社、著者) ハイレベル 精選問題演習 数学Ⅰ+A+Ⅱ+B(旺文社、長崎憲一)
タイプ 入試対策問題集
値段 1500円+税
サイズ、刷 A5、2010年発行
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 287頁(42頁、236頁)
問題量 ☆☆☆☆☆
問題の難易度 ★★★★★
問題の解答 ★★★★★
数学的理解が深まる内容 ★★★★☆
扱う難易度 ★★★★☆
問題数 問題=92題、計=92題
1周目にかかる時間の目安 問題=92h、計=92h(31日)
問題数÷頁数= 0.321
おすすめレベル 文:レベル4〜5、理:レベル4〜5


この入試対策問題集の詳細はこちら → ハイレベル 精選問題演習 数学Ⅰ+A+Ⅱ+B









<理系数学の良問プラチカ 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B(入試精選問題集5 改訂版)>



テキスト名(出版社、著者) 理系数学の良問プラチカ 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B(河合出版、大石隆司)
タイプ 入試対策問題集
値段 982円+税
サイズ、刷 A5、2010年発行
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 310頁(45頁、258頁)
問題量 ☆☆☆☆☆
問題の難易度 ★★★★☆
問題の解答 ★★★★★
数学的理解が深まる内容 ★★★☆☆
扱う難易度 ★★☆☆☆
問題数 問題=150題、計=150題
1周目にかかる時間の目安 問題=75h、計=75h(25日)
問題数÷頁数= 0.484
おすすめレベル 文:レベル3〜4、理:レベル2〜4


この入試対策問題集の詳細はこちら → 理系数学の良問プラチカ 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B(入試精選問題集5 改訂版)









<理系数学の良問プラチカ 数学Ⅲ・C(入試精選問題集6 改訂版)>



テキスト名(出版社、著者) 理系数学の良問プラチカ 数学Ⅲ・C 改訂版(河合出版、続木勝年・宮嶋俊和)
タイプ 入試対策問題集
値段 952円+税
サイズ、刷 A5、2011年発行
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 177頁(30頁、142頁)
問題量 ☆☆☆☆☆
問題の難易度 ★★★★☆
問題の解答 ★★★★★
数学的理解が深まる内容 ★★★☆☆
扱う難易度 ★★☆☆☆
問題数 問題=77題、計=77題
1周目にかかる時間の目安 問題=38.5h、計=38.5h(約13日)
問題数÷頁数= 0.435
おすすめレベル 文:なし、理:レベル3〜5


この入試対策問題種の詳細はこちら → 理系数学の良問プラチカ 数学Ⅲ・C(入試精選問題集6 改訂版)









<理系数学良問プラチカ 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B 三訂版>



テキスト名(出版社、著者) 理系数学の良問プラチカ 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B 三訂版(河合出版、大石隆司)
タイプ 入試対策問題集
値段 1000円+税
サイズ、刷 A5、2014年発行
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 322頁(48頁、268頁)
問題量 ★☆☆☆☆
問題の難易度 ★★★★☆
問題の解答 ★★★★★
数学的理解が深まる内容 ★★★☆☆
扱う難易度 ★★☆☆☆
問題数 問題=153題、計=153題
1周目にかかる時間の目安 問題=76.5h、計=76.5h(25.5日)
問題数÷頁数= 0.475
おすすめレベル 文:レベル3〜4、理:レベル2〜4


この入試対策問題集の詳細はこちら → 理系数学良問プラチカ 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B 三訂版









<理系数学 入試の核心 標準編 (旧課程版)>


テキスト名(出版社、著者) 理系数学 入試の核心 標準編(Z会出版、同)
タイプ 入試対策問題集
値段 1000円+税
サイズ、刷 A5、2012年発行
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 230頁(52頁、160頁)
問題量 ☆☆☆☆☆
問題の難易度 ★★★☆☆
問題の解答 ★★★★★
数学的理解が深まる内容 ★★★☆☆
扱う難易度 ★★☆☆☆
問題数 問題=150題、計=150題
1周目にかかる時間の目安 問題=75h、計=75h(25日)
問題数÷頁数= 0.652
おすすめレベル 文:レベル3〜4、理:レベル2〜3


この入試対策問題集の詳細はこちら → 理系数学 入試の核心 標準編 (旧課程版)









<文系数学 入試の核心 標準編 (旧課程版)>



テキスト名(出版社、著者) 文系数学 入試の核心 標準編(Z会出版、同)
タイプ 入試対策問題集
値段 1200円+税
サイズ、刷 A5、2010年発行
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 246頁(42頁、188頁)
問題量 ☆☆☆☆☆
問題の難易度 ★★★☆☆
問題の解答 ★★★★★
数学的理解が深まる内容 ★★★☆☆
扱う難易度 ★★☆☆☆
問題数 問題=120題、計=120題
1周目にかかる時間の目安 問題=60h、計=60h(20日)
問題数÷頁数= 0.488
おすすめレベル 文:レベル2〜4、理:レベル2〜3



この入試対策問題集の詳細はこちら → 文系数学 入試の核心 標準編 (旧課程版)









<理系数学入試の核心 標準編 (改訂版)>



テキスト名(出版社、著者) 理系数学 入試の核心 標準編 改訂版(Z会出版、同)
タイプ 入試対策問題集
値段 1000円+税
サイズ、刷 A5、2014年発行
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 288頁(54頁、227頁)
問題量 ☆☆☆☆☆
問題の難易度 ★★★☆☆
問題の解答 ★★★★★
数学的理解が深まる内容 ★★★☆☆
扱う難易度 ★★☆☆☆
問題数 問題=150題、計=150題
1周目にかかる時間の目安 問題=75h、計=75h(25日)
問題数÷頁数= 0.521
おすすめレベル 文:レベル3〜4、理:レベル2〜4


この入試対策問題集の詳細はこちら → 理系数学入試の核心 標準編 (改訂版)









<文系数学入試の核心 改訂版>



テキスト名(出版社、著者) 文系数学 入試の核心 改訂版(Z会出版、同)
タイプ 入試対策問題集
値段 1200円+税
サイズ、刷 A5、2014年発行
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 216頁(50頁、159頁)
問題量 ☆☆☆☆☆
問題の難易度 ★★★☆☆
問題の解答 ★★★★★
数学的理解が深まる内容 ★★★☆☆
扱う難易度 ★☆☆☆☆
問題数 問題=100題、計=100題
1周目にかかる時間の目安 問題=50h、計=50h(17日)
問題数÷頁数= 0.463
おすすめレベル 文:レベル2〜4、理:レベル2〜4


この入試対策問題集の詳細はこちら → 文系数学入試の核心 改訂版









<入試問題集 数学Ⅰ・Ⅱ・A・B 理系 2013年度版>



テキスト名(出版社、著者) 入試問題集 数学Ⅰ・Ⅱ・A・B 理系 2013年度版 (数研出版、同)
タイプ 入試対策問題集
値段 1200円+税
サイズ、刷 A5、2014年発行
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 341頁(79頁、231頁)
問題量 ★☆☆☆☆
問題の難易度 ★★★★☆
問題の解答 ★★★★★
数学的理解が深まる内容 ☆☆☆☆☆
扱う難易度 ★★★★☆
問題数 問題=274題、計=274題
1周目にかかる時間の目安 問題=137h、計=137h(46日)
問題数÷頁数= 0.804
おすすめレベル 文:2〜4、理:レベル2〜4


この入試対策問題集の詳細はこちら → 入試問題集 数学Ⅰ・Ⅱ・A・B 理系 2013年度版









<入試問題集 数学Ⅰ・Ⅱ・A・B 文理系 2013年度版>



テキスト名(出版社、著者) 入試問題集 数学Ⅰ・Ⅱ・A・B 文理系 2013年度版 (数研出版、同)
タイプ 入試対策問題集
値段 1200円+税
サイズ、刷 A5、2014年発行
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 326頁(89頁、207頁)
問題量 ★☆☆☆☆
問題の難易度 ★★★★☆
問題の解答 ★★★★★
数学的理解が深まる内容 ☆☆☆☆☆
扱う難易度 ★★★★☆
問題数 問題=273題、計=273題
1周目にかかる時間の目安 問題=136.5h、計=136.5h(46日)
問題数÷頁数= 0.837
おすすめレベル 文:レベル2〜4、理:レベル2〜4


この入試対策問題集の詳細はこちら → 入試問題集 数学Ⅰ・Ⅱ・A・B 文理系 2013年度版









<基礎力判定問題集 数学Ⅰ・A 新課程版>



テキスト名(出版社、著者) 大学入試 基礎力判定問題集 数学Ⅰ・A 新課程版(学研、同)
タイプ 入試対策問題集
値段 680円+税
サイズ、刷 B5、2012年発行
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 134頁(78頁、51頁)
問題量 ★☆☆☆☆
問題の難易度 ★★☆☆☆
問題の解答 ★★★★★
数学的理解が深まる内容 ☆☆☆☆☆
扱う難易度 ★☆☆☆☆
問題数 基本問題=112題、応用問題=96題、計=208題
1周目にかかる時間の目安 基本問題=28h、応用問題=48h、計=76h(26日)
問題数÷頁数= 1.552
おすすめレベル 文:レベル0〜1、理:レベル0〜1


この入試対策問題集の詳細はこちら → 基礎力判定問題集 数学Ⅰ・A 新課程版









<基礎力判定問題集 数学Ⅱ・B 新課程版>



テキスト名(出版社、著者) 大学入試 基礎力判定問題集 数学Ⅱ・B 新課程版(学研、同)
タイプ 入試対策問題集
値段 730円+税
サイズ、刷 B5、2013年発行
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 124頁(68頁、51頁)
問題量 ★☆☆☆☆
問題の難易度 ★★☆☆☆
問題の解答 ★★★★★
数学的理解が深まる内容 ☆☆☆☆☆
扱う難易度 ★☆☆☆☆
問題数 基本問題=88題、応用問題=90題、計=178題
1周目にかかる時間の目安 基本問題=22h、応用問題=45h、計=67h(23日)
問題数÷頁数= 1.435
おすすめレベル 文:レベル0〜1、理:レベル0〜1


この入試対策問題集の詳細はこちら → 基礎力判定問題集 数学Ⅱ・B 新課程版









<実戦力判定問題集 数学Ⅰ・A 新課程版>



テキスト名(出版社、著者) 大学入試 実戦力判定問題集 数学Ⅰ・A 新課程版(学研、同)
タイプ 入試対策問題集
値段 680円+税
サイズ、刷 B5、2012年発行
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 138頁(72頁、63頁)
問題量 ★☆☆☆☆
問題の難易度 ★★★☆☆
問題の解答 ★★★★★
数学的理解が深まる内容 ☆☆☆☆☆
扱う難易度 ★★☆☆☆
問題数 基本問題=96題、応用問題=92題、計=188題
1周目にかかる時間の目安 基本問題=24h、応用問題=46h、計=70h(24日)
問題数÷頁数= 1.362
おすすめレベル 文:レベル1〜2、理:レベル1〜2



この入試対策問題集の詳細はこちら → 実戦力判定問題集 数学Ⅰ・A 新課程版









<実戦力判定問題集 数学Ⅱ・B 新課程版>



テキスト名(出版社、著者) 大学入試 実戦力判定問題集 数学Ⅱ・B 新課程版(学研、同)
タイプ 入試対策問題集
値段 730円+税
サイズ、刷 B5、2013年発行
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 142頁(68頁、71頁)
問題量 ★☆☆☆☆
問題の難易度 ★★★☆☆
問題の解答 ★★★★★
数学的理解が深まる内容 ☆☆☆☆☆
扱う難易度 ★★☆☆☆
問題数 基本問題=72題、応用問題=98題、計=170題
1周目にかかる時間の目安 基本問題=18h、応用問題=49h、計=67h(23日)
問題数÷頁数= 1.435
おすすめレベル 文:レベル1〜2、理:レベル1〜2


この入試対策問題集の詳細はこちら → 実戦力判定問題集 数学Ⅱ・B 新課程版









2014年6月現在ここまで








関連記事










[ 2014年06月18日 00:00 ] カテゴリ:教材まとめ(高校数学) | TB(0) | CM(4)
Re: No title
> 早速質問にお答えいただきありがとうございます。まずはAmazonで目次を見て、そのあとで本屋で立ち読みをして、良さそうであれば買い直したいと思います。ただ、単元も少し変化が見られるみたいですし、一応志望校は、東大(文科一類か文科三類)なので、買い直した方がいいかもしれないですね^^;


その方がベターだと思います。受験うまくいくといいですね^^
[ 2014/06/22 00:51 ] [ 編集 ]
No title
早速質問にお答えいただきありがとうございます。まずはAmazonで目次を見て、そのあとで本屋で立ち読みをして、良さそうであれば買い直したいと思います。ただ、単元も少し変化が見られるみたいですし、一応志望校は、東大(文科一類か文科三類)なので、買い直した方がいいかもしれないですね^^;
[ 2014/06/21 13:07 ] [ 編集 ]
Re: 質問があります
> 『数学Ⅰ・A標準問題精講 改訂版』と『数学Ⅱ・B標準問題精講 改訂版』の内容についてなんですが、旧課程版と比較すると問題の選定(例えば、旧課程版の数学Ⅰ・A標準問題精講の場合の数では、第1問目に大阪市大の問題が載っています)や解説が変わっていますか?変わっているのであれば、買い直した方がいいでしょうか?



パンケーキさんコメントありがとうございます。

新課程版の数学Ⅰ・A標準問題精講の場合の数の第1問目は旧課程と同じく大阪市大の問題(数えあげる)です。大幅な変更はありませんが、新課程で正式な単元として加えられた「整数の性質」については旧課程版には項目自体がありません。また他の単元も少し変化が見られるので、金銭的な余裕があるならば新しく買い直した方がいいと思います。ただし、受験校や実力などによっても違うと思うので、本屋などで軽く立ち読みして考えてみるのをおすすめします。ちなみにAmazonで目次を見ることができますのでそれも参考にしてみてください。
[ 2014/06/20 15:25 ] [ 編集 ]
質問があります
『数学Ⅰ・A標準問題精講 改訂版』と『数学Ⅱ・B標準問題精講 改訂版』の内容についてなんですが、旧課程版と比較すると問題の選定(例えば、旧課程版の数学Ⅰ・A標準問題精講の場合の数では、第1問目に大阪市大の問題が載っています)や解説が変わっていますか?変わっているのであれば、買い直した方がいいでしょうか?
[ 2014/06/18 19:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

英文多読はKindleで♬
スポンサードリンク
Googleでサイト内を検索
シェアする
カテゴリ
人気ページランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。